福島弘和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福島弘和
出生名 福島弘和
生誕 1971年7月30日
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京音楽大学研究科修了
職業 作曲家編曲家オーボエ奏者

福島 弘和(ふくしま ひろかず、1971年7月30日 - )は、日本の作曲家編曲家オーボエ奏者。

人物・来歴[編集]

群馬県前橋市生まれ。小学生の時トランペットを吹いていたが、中学校からオーボエを始める。高校時代に吹奏楽編曲を手がけてからは、作曲にも興味を持つ。

群馬県立前橋南高等学校卒業、東京音楽大学卒業、同大学研究科修了。オーボエを吉良憲裕、浜道晁に、作曲を有馬礼子、山本佳弘に師事。

吹奏楽作品を主に手掛けており、1998年全日本吹奏楽コンクールには『稲穂の波』、2000年度の同コンクールには『道祖神の詩』が課題曲に選出された。2003年に『柳絮の舞』でJBA下谷賞を受賞。2018年には『行進曲「春」』が2019年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲に委嘱作品として選出されることが発表された。

その他、群馬県太田市を拠点として活動する太田芸術学校の演劇科、付属劇団「松ぼっくり」、劇団ピノの舞台挿入歌なども手掛けている。

主な作品[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]