石見利勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石見 利勝
いわみ としかつ
Toshikatsu iwami.jpg
生年月日 (1941-08-14) 1941年8月14日(77歳)
出生地 兵庫県姫路市
出身校 京都大学理学部
東洋大学工学部
東京工業大学大学院
前職 立命館大学教授
所属政党 無所属
称号 工学博士(東京工業大学
公式サイト 石見としかつ後援会-新生姫路市民の会

当選回数 4回
在任期間 2003年4月 - 現職
テンプレートを表示

石見 利勝(いわみ としかつ、1941年8月14日 - )は、日本政治家兵庫県姫路市長(4期)。

父は元姫路市長の石見元秀

来歴[編集]

兵庫県姫路市生まれ。兵庫県立姫路西高等学校京都大学理学部宇宙物理学科、東洋大学工学部建築学科卒業。東京工業大学大学院に進学し、石原舜介研究室で都市計画を専攻。1973年、東京工業大学大学院理工学研究科博士課程を修了し、工学博士号を取得した。1974年より東京工業大学助手1979年建設省建築研究所主任研究員に着任し、1983年には同研究所第六研究部都市防災研究室長に就任した。1987年筑波大学助教授に着任。1994年より立命館大学政策科学部教授、1998年には政策科学部長、政策科学研究科長に就任した。

2003年姫路市長選挙に無所属で出馬。現職の堀川和洋姫路市長を破り、初当選を果たした。2007年の姫路市長選では、石見の他に立候補者がいなかったため、無投票再選。2011年の姫路市長選では、新人3候補を大差で破り、3選を果たした。同年6月7日世界文化遺産地域連携会議副会長に就任[1]2015年の姫路市長選挙では、新人との一騎討ちを制し、4選を果たした。

研究者として[編集]

東京工業大学大学院で、東京・荻窪南口の再開発基本構想や北海道苫小牧市の駅前再開発構想、埼玉県川口市商業近代化計画名古屋市大曽根地区工場跡地利用計画岡山市都心商業地活性化構想北九州市小倉駅北口再開発構想など、いくつかのまちづくり計画に携わり、工学博士の学位取得後、建設省建築研究所(現・独立行政法人建築研究所)へ転任した[2]

その後、JICA独立行政法人国際協力機構)の要請を受けてAITアジア工科大学院大学)に赴任した。AITでは、計画数理、主として統計学多変量解析、調査&調査データ処理を担当する傍ら、住宅地計画スラムの環境改善計画生活改善・社会開発計画など、東アジアを中心に多くの国々を訪れ、いろいろな計画立案の実習を指導した[3]。 帰国後、筑波大学や立命館大学で教鞭をとる傍ら、駅周辺地区開発構想など積極的に手掛けた[4]

姫路市長として[編集]

姫路市長就任後、長年の懸案であったJR姫路駅の高架化事業の実現に尽力。また国宝姫路城の保存事業「平成の修理」に取り組んだ。父・石見元秀が市長在任の時には「昭和の大修理」が行われたため親子揃って市長在任中に姫路城の修理が行われたことになった。姫路市の政令指定都市への移行を主張し、当初は姫路市周辺の市町村の合併による政令指定都市への移行を目指していたが、合併協議が事実上頓挫したため、法で定められた「人口50万人以上」の直接適用による移行を目指している。

人物[編集]

  • 1994年に筑波大学から立命館大学へ転任した際に、文学部に「おしん」で有名な小林綾子が在籍していた。2003年姫路市文化センターで「アースウェーブ:みんなで考えよう―今自分は、今姫路は」という集会で小林綾子に会った際に、彼女が在学時教鞭をとっていた石見を覚えていたことに感激している。[6]
  • 健康法はできるだけ歩くこととして、建物でも4階くらいは階段を使う。休日も仲間と増位山随願寺に登ったり、散歩代わりにゴルフをしたりすることで健康管理心がけている。[7]
  • 2009年ゴルフ場への送迎等、公務に関係のない私用に計26回、公用車を使用していたとして、情報公開請求により公用車の使用記録を入手した姫路市民が「市民の理解が得られない」とガソリン代や公用車の運転手の時間外手当などの公金返還を求め、住民監査請求を行った[8]。石見市長は「公用車は適正に使用している」と主張した。

著書[編集]

  • 『住生活と地域社会』共著 ドメス出版 1976
  • 『建築学便覧1(計画)』日本建築学会共著 丸善 1980
  • 『居住環境管理と財政運営』梶秀樹共著 技報堂出版 1985
  • 『都市と建築の近未来』樫野紀元共著 技報堂出版 1988
  • 『地域イメージとまちづくり』田中美子共著 技報堂出版 1992
  • 『震災復興の政策科学』立命館大学震災復興研究プロジェクト共著 有斐閣 1998
  • 『姫路まちづくり戦略』石見利勝 新生姫路市民の会 2004
  • 『姫路 ここがふるさと』石見利勝 新生姫路市民の会 2010
  • 『夢ある姫路』石見利勝 新生姫路市民の会 2015

脚注[編集]

  1. ^ 世界文化遺産地域連携会議、副会長に石見姫路市長 神戸新聞2011年6月7日
  2. ^ 石見利勝 『姫路まちづくり戦略』、新生姫路市民の会、2004年、23-24頁
  3. ^ 石見利勝 『姫路 ここがふるさと』、新生姫路市民の会、2010年、28-29頁
  4. ^ 石見利勝 『姫路まちづくり戦略』、新生姫路市民の会、2004年、23-24頁
  5. ^ ケネディ駐日米大使 姫路城に感嘆 石見市長、特産の革製品贈る,毎日新聞,2016年1月22日
  6. ^ 姫路市長の日々想 おしん(小林綾子さん)の思い出
  7. ^ 姫路市長の日々想 私の健康法
  8. ^ 姫路市長、公用車でゴルフ…昨年度14回も 読売新聞 2010年11月20日
先代:
堀川和洋
Flag of Himeji, Hyogo.svg 兵庫県姫路市長
2003年 -
次代:
(現職)