堀川和洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀川 和洋(ほりかわ かずひろ、1942年(昭和17年)7月8日 - 2004年(平成16年)8月4日)は、日本警察官僚政治家内閣総理大臣秘書官[1]中国管区警察局長。姫路市長。正四位旭日中綬章

人物[編集]

姫路市出身。姫路市長在任中は、全国初の中核市への移行や、警察関係を歴任した経験から暴走行為やそれを煽る行動を取り締まる期待族防止条例を制定している。また、JR山陽本線高架化レンタサイクルやループバスの開業、キャスティ21計画など駅周辺の整備にも力を入れた。2004年8月4日、姫路赤十字病院肺癌のため62歳で死去。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海部俊樹回想録 第7章 皇室とのかかわり (2) 大嘗祭 厳戒態勢 不安な夜 2014年10月24日 中日新聞 朝刊 朝刊県内版 18頁