アジア工科大学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジア工科大学院
Asian Institute of Technology
校訓 Learning beyond Boundaries
設立年 1959
学長 Worsak Kanok-Nukulchai
大学職員数
106
学生数 1,937
所在地 タイ王国
パトゥムターニー県クローンルワン郡クローンヌン町
所属 LAOTSE, ASAIHL
ウェブサイト www.ait.asia
テンプレートを表示

アジア工科大学院(あじあこうかだいがくいん、英語:Asian Institute of Technology)は、タイ王国に本部を置く工学、先端技術、環境学、農学、持続可能な開発、経営管理に特化した国際機関かつ大学院である[1]。通称AIT(エーアイティー)。
世界50ヶ国以上から2,000人以上のトップレベルの大学院生及び教員が集まり、アジアの研究教育活動をリードするエリート大学院として高い実績と知名度を誇る。
学内公用語は英語。[2]

日本の国際交流協定校[編集]

出典[編集]

  1. ^ AITHP:http://www.ait.asia/
  2. ^ http://www-w.cf.ocha.ac.jp/gec_out/list/ait/