田村廿三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田村 廿三郎(たむら はたさぶろう、1890年明治23年)6月13日 - 1961年昭和36年)1月6日)は、日本内科医小児科医実業家イチジク製薬創業者・初代社長。「イチジク浣腸」の考案者。

略歴[編集]

新潟県中蒲原郡鷲巻村大字西笠巻(現 新潟県新潟市南区西笠巻)の医師・田村篤司の三男として出生[1][2][注 1][注 2][注 3]

1909年明治42年)3月に新潟中学校を卒業、1914年大正3年)9月に千葉医学専門学校医学科に入学、1918年(大正7年)5月に同校を卒業[7]

千葉県東葛飾郡市川町大字市川上出口(現 千葉県市川市市川)の吉岡医院に勤務したのち、1920年(大正9年)に東京府南葛飾郡瑞江村大字上今井[注 4](現 東京都江戸川区江戸川)に田村医院を開業[1][8]

1925年(大正14年)に「イチジク印輕便浣腸」を考案[1][9][10]1926年(大正15年)に東京府東京市本所区柳島元町[注 5](現 東京都墨田区業平)に合資会社東京軽便浣腸製造所[注 6][注 7](現 イチジク製薬)を設立して初代社長に就任[10]

東北鉄道鉱業[注 8]取締役に就任、東京府医師会議員に就任[11]

1939年昭和14年)にイチジク製薬会長に就任、1940年(昭和15年)に江戸川区会議員に就任、1941年(昭和16年)に江戸川区医師会会長に就任[12]

イチジク製薬相談役に就任[13]

「イチジク浣腸」の開発[編集]

大正時代東京開業医・田村廿三郎は昼も夜も発熱ひきつけなどをおこした子供の急患の往診に走り回っていたが、その多くが注射器浣腸を行って排便させると治ることを見つけ、便秘で苦しむ子供を早く楽にしてあげたいという思いから、家庭で簡単に使える浣腸の開発を行った。浣腸の形状には田村廿三郎が往診の時に患者の家の番犬を液体で撃退するため考案したスポイトを採用した。素材に採用したセルロイドは硬くて割れやすいため、中の液体が漏れないよう皮膜をかぶせた。挿入部は、長すぎると直腸粘膜を傷付け、短すぎると液体が直腸に届かないため、肛門から直腸までの長さにした。挿入部の先端の穴は、広すぎると液体が勢いよく出なく、狭すぎると液体が少ししか出ないため、ちょうどよい口径に調節した。そして、何よりも、肛門を痛めないように、挿入部を滑らかに加工する技術の向上に多くの時間と心血を注いだ。1953年昭和28年)に同年から普及し始めたポリエチレンを素材に採用し、セルロイドの欠点を解消した[14][15][16][17][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 田村廿三郎の祖父の田村幸庵も越後国蒲原郡西笠巻村(現 新潟県新潟市南区西笠巻)の医師で、自宅に寺子屋を開いて付近の子供たちに読み書きなどを教えていた[3]
  2. ^ 田村廿三郎の父の田村篤司が診療していた胃癌の患者が亡くなり、田村篤司たち4人の医師が病理解剖を行った。田村篤司からその亡くなった患者への慰霊と感謝の意を込めた文が刻まれている墓碑が新潟県新潟市南区朝捲の東福寺の境内に立っている[4]
  3. ^ 田村廿三郎の弟の田村致道は歯科医師で、東京府南葛飾郡瑞江村大字上今井に田村歯科医院を開業し、のちに神奈川県横浜市鶴見区鶴見町に移転した[5]。田村致道の次女の田村尚子は現代舞踊家である[6]
  4. ^ 1932年昭和7年)に東京府東京市江戸川区今井町に町名変更。
  5. ^ 1931年(昭和6年)に東京府東京市本所区平川橋に町名変更。
  6. ^ 1934年(昭和9年)にイチジク製薬株式会社に改組[10]
  7. ^ 1947年(昭和22年)に東京都墨田区東駒形に移転[10]
  8. ^ 1936年(昭和11年)に岩手炭砿鉄道に名称変更。

出典[編集]

  1. ^ a b c 田村医院の歴史|江戸川区内科|田村医院
  2. ^ 日本醫籍錄』第1版。『日本醫籍錄』第4版。『日本醫籍錄』第7版。『日本醫籍錄』第11版。『日本醫籍錄』第17版。
  3. ^ 鷲卷村誌」8頁。『中蒲原郡誌 上編』612頁。『中蒲原郡誌 白根市編』58頁。『新潟県 精髄 中蒲原郡誌〈上編〉』72頁。『白根市史 巻七 通史』475頁。
  4. ^ 白根市史 巻七 通史』752頁。
  5. ^ 日本醫籍錄』第2版。『日本齒科醫籍錄』211頁。
  6. ^ 現代舞踊家 田村尚子」『私の半生』第11号、田村尚子[著]、信濃毎日新聞松本専売所、松本タウン情報社、2003年。
  7. ^ 日本醫籍錄』第1版。『日本醫籍錄』第4版。『日本醫籍錄』第7版。『日本醫籍錄』第11版。『日本醫籍錄』第17版。『日本醫籍錄』第19版。『日本醫籍錄』第24版。『日本醫籍錄』第26版。
  8. ^ 日本醫籍錄』第4版。『日本醫籍錄』第7版。『日本醫籍錄』第11版。『日本醫籍錄』第17版。
  9. ^ 日本醫籍錄』第4版。『日本醫籍錄』第7版。『日本醫籍錄』第11版。『日本醫籍錄』第17版。『日本醫籍錄』第19版。『日本醫籍錄』第24版。
  10. ^ a b c d 会社沿革|便秘解消にイチジク浣腸イチジク製薬株式会社
  11. ^ 日本醫籍錄』第17版。
  12. ^ 日本醫籍錄』第17版。
  13. ^ 日本醫籍錄』第19版。『日本醫籍錄』第24版。
  14. ^ 会社歷史|イチジク浣腸情報サイト|イチジク製薬株式会社
  15. ^ イチジク浣腸|家庭薬ロングセラー物語日本家庭薬協会
  16. ^ 躍進する企業を訪ねて vol.134 イチジク製薬株式会社|株式会社日立産機システム
  17. ^ イチジク浣腸の歴史」「子どもの急病で困ったときは、浣腸を!」『Happy-Note』2014年夏号、草刈章[著]、ミキハウス子育て総研、2014年。
  18. ^ 餅屋の論理』22-26頁。『家庭薬ロングセラーの秘密』14頁。『樹木の伝説』77頁。『ファルマシア』第50巻第2号、154-155頁。『VoltAge21』第92号、1-2頁。

参考文献[編集]

  • 田村廿三郞」「東京府」169頁、『日本醫籍錄』第1版、医事時論社[編]、医事時論社、1925年。
  • 田村廿三郞」「東京府」138頁、『日本醫籍錄』第4版、医事時論社[編]、医事時論社、1929年。
  • 田村廿三郞」「東京府」165頁、『日本醫籍錄』第7版、医事時論社[編]、医事時論社、1932年。
  • 田村廿三郞」「東京府」154頁、『日本醫籍錄』第11版、医事時論社[編]、医事時論社、1936年。
  • 田村廿三郞」「東京府」279頁、『日本醫籍錄』第17版、医事時論社[編]、医事時論社、1942年。
  • 「田村廿三郞」「東京都」156頁、『日本醫籍錄』第19版、医学公論社[編]、医学公論社、1951年。
  • 「田村廿三郎」「東京都」271頁、『日本醫籍錄』第24版、医学公論社[編]、医学公論社、1956年。
  • 「田村廿三郎」「東京都」320頁、『日本醫籍錄』第26版、医学公論社[編]、医学公論社、1958年。
  • 田村致道」「東京府」72頁、「齒科醫師之部」『日本醫籍錄』第2版、医事時論社[編]、医事時論社、1926年。
  • 田村致道」「神奈川縣」『日本齒科醫籍錄』211頁、日本歯科医師会[編]、歯苑社、1930年。
  • 田村幸庵」「鷲卷村誌」8頁、『中蒲原郡誌 上編』新潟県中蒲原郡役所[編]、新潟県中蒲原郡役所、1918年。
  • 「田村幸庵」「鷲卷村誌」『中蒲原郡誌 上編』612頁、新潟県中蒲原郡役所[編]、名著出版、1973年。
  • 「田村幸庵」「鷲巻村誌」『中蒲原郡誌 白根市編』58頁、新潟県中蒲原郡役所[編]、臨川書店、1986年。
  • 「田村幸庵」「鷲卷村誌」『新潟県 精髄 中蒲原郡誌〈上編〉』72頁、新潟県中蒲原郡役所[編]、千秋社、2000年。
  • 『白根市史 巻七 通史』白根市教育委員会[編]、白根市教育委員会、1989年。
  • 「イチジク浣腸」『餅屋の論理』19-27頁、TBS[編]、ザ・ワークス[監修]、ワニブックス、1992年。
  • イチジク浣腸」「家庭薬ロングセラー物語」『家庭薬ロングセラーの秘密』14-15頁、家庭薬研究会[編著]、全国家庭薬協議会[協力]、薬事日報社、2010年。
  • イチジク浣腸の歴史」「イチジク」「果実の伝説」『樹木の伝説』77-78頁、森真弓[著]、秦寛博[編著]、新紀元社、2011年。
  • イチジク浣腸」『ファルマシア』第50巻第2号、154-155頁、三宅貴子[著]、日本薬学会、2014年。
  • イチジク製薬株式会社 (PDF) 」『VoltAge21 (PDF) 』第92号、1-5頁、日立産機システム、2017年。

外部リンク[編集]