田中秀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 秀明(たなか ひであき、1960年 - )は、日本財務官僚政策研究博士財務総合政策研究所総括主任研究官や、一橋大学経済研究所准教授内閣府行政刷新会議参事官を経て、明治大学公共政策大学院教授。

来歴[編集]

東京都生まれ[1]。1983年東京工業大学工学部社会工学科卒業。1985年東京工業大学大学院社会工学研究科社会工学専攻修士課程修了、工学修士大蔵省(現財務省)入省。1991年ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス社会政策修士課程修了[2]理学修士(MSc.)[3]

1988年厚生省老人保健福祉部老人福祉係長。1991年金沢国税局高岡税務署長[4]。1993年外務省在マレーシア日本国大使館一等書記官(財務アタッシェ)[2]。1996年大蔵省理財局資金第一課課長補佐。1998年から大蔵省大臣官房文書課課長補佐として中央省庁再編にあたった[5]

2000年内閣官房内閣内政審議室企画官(IT担当)兼財務省財務総合政策研究所主任研究官。2001年財務総合政策研究所総括主任研究官[4]。2003年オーストラリア国立大学客員研究員、財務省財務総合政策研究所客員研究員。2005年財務省関税局経済連携室長。2006年政策研究大学院大学客員教授[3]

2007年一橋大学経済研究所世代間問題研究機構准教授[2][6][2]。2010年内閣府参事官行政刷新会議担当)[7]、内閣府公共サービス改革推進室参事官[8][7]、『財政規律と予算制度改革 : 予算制度の国際比較及び計量的分析』で研究大学院大学博士(政策研究)[2][9]

2012年明治大学大学院ガバナンス研究科教授[10][2][1]経済協力開発機構予算・公共支出に関するアドバイザリー委員会委員[2]。2015年には峰崎直樹財務副大臣三木義一青山学院大学教授、水野和夫内閣審議官志賀櫻元大蔵省審議官と民間税制調査会を設立[11]

大蔵省同期[編集]

大蔵省入省同期に、可部哲生理財局長、藤井健志国税庁長官、矢野康治官房長など。

著書[編集]

  • 『政府の予算・会計改革のビジョン』(共著)中央経済社 2005年
  • 『財政規律と予算制度改革 : なぜ日本は財政再建に失敗しているか』日本評論社 2011年
  • 『年金・扶助・租税の一元化 : 保険原理と再分配原理をどうバランスさせるか』財務省財務総合政策研究所研究部 2011年
  • 『日本の福祉行財政と福祉計画』(村川浩一, 澤井勝, 蟻塚昌克と共編著)第一法規 2011年
  • 『政治ライブラリー:比較ガバナンス』(共著)おうふう出版 2011年
  • 『日本の財政 : 再建の道筋と予算制度』中公新書 2013年
  • "Policy Analysis in Japan"(共著)Policy Press 2015年
  • 『財政と民主主義』(共著)日本経済新聞出版社 2017年

脚注[編集]

  1. ^ a b 「田中 秀明」民間税制調査会
  2. ^ a b c d e f g 田中 秀明 明治大学
  3. ^ a b 「田中秀明」政策研究大学院大学
  4. ^ a b 「田中 秀明」経済産業研究所
  5. ^ 「元官僚田中秀明さんが語る、自分のキャリアパスを築く方法とは。」グローバルイノベーションナビ
  6. ^ 「過去のお知らせ」世代間問題研究機構
  7. ^ a b “金融危機後の世界経済における国家財政” 主催:IMF アジア太平洋地域事務所
  8. ^ 田中 秀明researchmap
  9. ^ 政策研究大学院大学 , 博士 (政策研究) , 乙第2号 , 2010-07-28
  10. ^ 「「1ポスト3年」原則に 田中秀明 明治大学教授 」日本経済新聞2018/10/4付日本経済新聞 朝刊
  11. ^ 「「民間税調」が発足 税制 脱・国任せ」東京新聞2015年2月10日 朝刊