生得的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生得的(しょうとくてき、せいとくてき)は、心理学などにおいて「本来備わっている先天的なもの」という意味の用語である。

関連項目[編集]

  • 生得観念説
  • 生得的行動 - アリが同じ巣の他個体の分泌した道しるべフェロモンをたどるといった生まれつき備わっている行動で、経験や学習の影響を受けない定型的な行動のこと。