クレアチニンクリアランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クレアチニンクリアランス: Creatinine clearance、Ccrと略される)は、血清中のクレアチニンクリアランス腎臓が身体の老廃物を排泄する能力)を計算し、腎機能を推定する検査値である。


原理[編集]

クレアチニンは生体物質で、主に筋肉から生成され、腎糸球体でろ過されたあと、ほとんど再吸収されず、尿へ排泄される。ほぼイヌリンと同じ動態を取るので糸球体濾過量 (GFR) を近似できる。生体物質なので、検査試薬を静脈内注射(静注)したり体内分布を待つ必要がなく、採血(血液検査)のみでも検査値を出せるため、簡便である。

厳密には、クレアチニンは尿細管からも分泌されるのでイヌリンとは動態が異なるのだが、クレアチニンクリアランスはイヌリンクリアランスとよく一致し、糸球体濾過量のよい指標である。

特に腎機能障害時は尿細管からの分泌が亢進するため、クレアチニンクリアランスは真のGFRよりも高く出ることが知られている。

公式[編集]

血清クレアチニン濃度(Scr, mg/dL)、尿中クレアチニン濃度(Ucr, mg/dL) 、尿量(V, mL/min)を用い、クレアチニンクリアランス(Ccr, mL/min)は次の公式で計算できる。

コッククロフトとゴールトの式[編集]

コッククロフトとゴールトの式 (Cockcroft & Gault equation) では、血清クレアチニン濃度(Scr, mg/dL)と年齢、体重(Weight, kg)を用い、蓄尿せずにクレアチニンクリアランス(CLcr, mL/min)を推定することができる。女性は筋肉量が少ないため、算出したCLcrを0.85倍する。 この式は18歳以上の成人に用い、乳児や小児、60歳以上で筋肉量の極端に減った患者には別の式を用いる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]