アセトアルデヒド脱水素酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アセトアルデヒド脱水素酵素
AcetaldehydeDehydrogenase-1NVM.png
Pseudomonas sp.のアセトアルデヒド脱水素酵素の結晶学的構造.[1]
識別子
EC番号 1.2.1.10
CAS登録番号 9028-91-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
テンプレートを表示

アセトアルデヒド脱水素酵素(アセトアルデヒドだっすいそこうそ、Acetaldehyde Dehydrogenase; ACDH[2])は、アセトアルデヒドアセチルCoAに変換する可逆反応を触媒する酵素アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)スーパーファミリーの1種であり、CoA依存的ALDHに含まれる。Acetaldehyde Dehydrogenase (CoA-Acetylating)[3]や、Acetaldehyde Dehydrogenase (acetylating)[2]とも表記される。

以下の可逆反応を触媒する[3]

 : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの酸化型
 : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの還元型
 : 補酵素A
 :アセチル補酵素A、補酵素Aと酢酸が結合した物質

1968年、大腸菌の嫌気環境での成長に必須な酵素として最初に発見された[3]。その後の研究により、アセトアルデヒド脱水素反応だけを触媒するACDHと、アルコール脱水素反応も同時に触媒するACDHの2種類があることが知られている[3]。生理反応については、微生物においてエタノールアミンを利用する反応系におけるアセチルCoAの合成や、エタノールを生成する細菌においてエタノールの前駆物質となるアセトアルデヒドの合成を担うことが知られている[4]

CoA非依存的ALDH[編集]

CoA非依存的ALDHに含まれる酵素にもアセトアルデヒド脱水素酵素として機能するタンパク質があることが知られている。ヒトにおいてはALDH1A1英語版ALDH1B1英語版ALDH2の3つが以下の反応を触媒し、アセトアルデヒドを酢酸へ変換する[5]。ALDH2はこの中で最もアセトアルデヒドとの結合能が高く、飲酒によって生じるアセトアルデヒドの解毒の大部分を担っている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ PDB 1NVM; Manjasetty BA, Powlowski J, Vrielink A (June 2003). “Crystal structure of a bifunctional aldolase-dehydrogenase: sequestering a reactive and volatile intermediate”. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 100 (12): 6992–7. doi:10.1073/pnas.1236794100. PMC: 165818. PMID 12764229. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC165818/. 
  2. ^ a b BRENDA - Information on EC 1.2.1.10 - acetaldehyde dehydrogenase (acetylating)”. www.brenda-enzymes.org. 2019年9月3日閲覧。
  3. ^ a b c d Eram, Mohammad; Ma, Kesen (2013-08-21). “Decarboxylation of Pyruvate to Acetaldehyde for Ethanol Production by Hyperthermophiles” (英語). Biomolecules 3 (4): 578–596. doi:10.3390/biom3030578. ISSN 2218-273X. PMC: PMC4030962. PMID 24970182. http://www.mdpi.com/2218-273X/3/3/578. 
  4. ^ Toth, J.; Ismaiel, A. A.; Chen, J. S. (1999-11). “The ald gene, encoding a coenzyme A-acylating aldehyde dehydrogenase, distinguishes Clostridium beijerinckii and two other solvent-producing clostridia from Clostridium acetobutylicum”. Applied and Environmental Microbiology 65 (11): 4973–4980. ISSN 0099-2240. PMC: PMC91669. PMID 10543811. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10543811. 
  5. ^ a b Koppaka, Vindhya; Thompson, David C.; Chen, Ying; Ellermann, Manuel; Nicolaou, Kyriacos C.; Juvonen, Risto O.; Petersen, Dennis; Deitrich, Richard A. et al. (2012-7). “Aldehyde Dehydrogenase Inhibitors: a Comprehensive Review of the Pharmacology, Mechanism of Action, Substrate Specificity, and Clinical Application”. Pharmacological Reviews 64 (3): 520–539. doi:10.1124/pr.111.005538. ISSN 0031-6997. PMC: 3400832. PMID 22544865. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3400832/. 

外部リンク[編集]