ExPASy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ExPASy(Expert Protein Analysis System)は、スイスバイオインフォマティクス研究所(SBI)の運営するバイオインフォマティクスリソースポータルである。生命科学の様々な領域の、多くのリソース、データベースソフトウェアツールを利用する広範で統合的なポータルである。科学者は、プロテオミクスゲノミクス系統進化システム生物学集団遺伝学トランスクリプトミクス等の様々な領域の広範なリソースにアクセスできるようになる。個々のリソース(データベース、ソフトウェアツール)は、SBIや協力研究機関の複数のグループにより、非集中的にホストされる。特に、1つのウェブポータルが、異なるグループが開発、運営する広範なリソースに対する共通のエントリーを提供する。ポータルは、選択された複数のリソースを横断する検索機能を果たしている。内部ではリソースの利用がモニターされている。このポータルは、専門家とその領域には詳しくない人の両方を対象としている。特に新しいウェブインターフェイスでは、ExPASyの初心者に対する視覚的なガイダンスを提供している。

歴史[編集]

ExPASyは、Expert Protein Analysis Systemという言葉の略であり、タンパク質配列構造二次元電気泳動を分析するためのプロテオミクスのサーバーであった[1]。中でも、ExPASyは、タンパク質配列のデータベースであるUniProtKB/Swiss-Prot、またそれをコンピュータでアノテーションした補遺であるUniProtKB/Tremblを参照していた。

ExPASyは、生命科学の分野で初めてのウェブサイトである。

2007年4月5日時点で、1993年8月1日の開設以来、10億回以上閲覧されている[2]

出典[編集]

  1. ^ Gasteiger, E.; Gattiker, A; Hoogland, C; Ivanyi, I; Appel, RD; Bairoch, A (2003年). “ExPASy: The proteomics server for in-depth protein knowledge and analysis”. Nucleic Acids Research 31 (13): 3784–8. doi:10.1093/nar/gkg563. PMC 168970. PMID 12824418. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC168970/. 
  2. ^ ExPASy: SIB Bioinformatics Resource Portal

外部リンク[編集]