PRIAM enzyme specific profiles

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

PRIAM enzyme specific profiles(PRofils pour l'Identification Automatique du Métabolisme)は、ペプチド配列の中から酵素である可能性の高い領域を自動的に検出するための方法である。PRIAMでは、位置特異的マトリックスを用いて自動的にそれぞれの酵素のエントリーを作成する[1]

出典[編集]

  1. ^ Claudel-Renard C, Chevalet C, Faraut T, Kahn D (2003年11月). “Enzyme-specific profiles for genome annotation: PRIAM”. Nucleic Acids Res. 31 (22): 6633–9. doi:10.1093/nar/gkg847. PMC 275543. PMID 14602924. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC275543/. 

外部リンク[編集]