発達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

心理学[編集]

心理学における発達en:development)とは、一般に受精からに至るまでの人の心身、及びその社会的な諸関係の量的及び質的変化・変容をいう。外国語の development、あるいはドイツ語の die Entwicklung は、巻いた絨毯のようなものを開いていくような行為、様子をいうもので、開ききってしまったところが人間の終焉になる。

発達の三要素[編集]

発達には三つの構成要素があるとエリク・エリクソンはいう。彼が挙げているのは、次の三つである。

  • 成長(Growth) - この反対が老化。ただし、老化=衰退ではない。生涯発達のピークを分水嶺としては、前半が成長、後半が老化となる。
  • 成熟(Maturation) - 性交渉によって生殖可能になる事。その可能時期の終わりを告げるのが、女性では閉経。男女共に更年期というものがあり、様々な更年期障害を呈する。
  • 学習(Learning) - 経験により獲得した知識、理解により、自分の行動、態度を微調整していく事が出来る事。この特殊なものは、学校教育の中で得られる。学習は人生の前半にのみあるものではなく、健忘症、物忘れなど人生の後半では負の学習というものも存在する。

医学[編集]

医学、特に小児科学に於ける発達とは、機能的な成熟の事(別称で発育とも言う)。物的な成熟である「成長」と対比している。身長や体重が大きくなる事は成長と言い、言葉や運動を覚える事を発達と言う。

専門分野[編集]

  • 発達を特に研究する専門の学術分野としては、発達心理学がある。医療系や社会福祉系の大学では、人間に直接関わる専門職の教養として人間発達学といった科目が設定されている事が多いが、内容的にはほとんど発達心理学だったりする事が多い。

関連項目[編集]