発達段階理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
発達段階から転送)
Jump to navigation Jump to search

発達段階理論(はったつだんかい、: developmental stage theories)とは、ヒトの児童期発達を、行動の質的差異によって特徴づけられる段階に分割できるという理論[1]

心理的・身体的発達が生涯にわたってどのように進行するかについては、いくつかの異なる見解が存在する。発達には個人差があり、また発達は複数の領域にわたって順を追いながらも同時に起こるとみなすのが、発達心理学者においては一般的である[2]

一覧[編集]

参照[編集]

  1. ^ Hayslip, Bert JR., et al. (2006). Developmental Stage Theories. Chapter in:Michel Hersen & Jay C. Thomas (ed): Comprehensive Handbook Of Personality and Psychopathology. Retrieved October 14, 2012 [1]
  2. ^ Grivas J. & Carter L. "Psychology for South Australia Stage I"
  3. ^ Kohlberg, L. (1987). The measurement of moral judgement.Cambridge: Cambridge University Press
  4. ^ Lievegoed, Bernard (1997). Phases: the spiritual rhythms of adult life. Forest Row, GB: Rudolf Steiner Press. ISBN 1855840561. http://books.google.com.na/books?id=kHrpFamC7XUC. 
  5. ^ Maslow, A.H. (1987). Motivation and personality (3rd ed.), New York: Harper & Row

関連項目[編集]