「人工心臓」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: fi:Keinosydän)
症例数から計算すると、補助人工心臓だけで救命できる症例数のほうが多く、全置換型人工心臓は開発しても採算が取れないと言う試算もあり、現在地球上には、開発プロジェクト自体があまりないのが現状である。その中において、[[東京大学]]の研究チーム<ref>[http://www.bme.gr.jp/bme/Top_Page.html 東京大学 大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 医用生体工学講座 生体機能制御学分野]</ref>は、デザイナーの[[川崎和男]]氏とともに全置換型を目指して共同開発を進めている<ref>[http://jsmbe48.umin.ne.jp/jsmbe48/24.html#O-17 人工心臓コンセプトモデル”KAWASAKI G5-model”の理論的背景, 人工心臓コンセプトモデル”KAWASAKI G5-model”の設計]</ref>。
 
従来の人工心臓は、[[拍動]]を再現することが必要だと考えられていたために複雑な構造が必要だった。しかし、近年では簡単な構造の無拍動型の人工心臓が実績を上げつつあり、各国の研究チームが開発を競っている<ref>[http://wwwwired.nytimes.comjp/2011/0106/2816/world%E3%80%8C%E6%8B%8D%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%BF%83%E8%87%93%E3%80%8D%E3%81%A7%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E4%BA%BA/asia/28generation.html?_r=1&src=tptw 「拍動しない人工心臓」で生きた人]、[[WIRED (雑誌)|WIRED]]、[[2011年]][[6月16日]]</ref>。
 
=== 補助人工心臓 ===

案内メニュー