瀬田川令和大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀬田川令和大橋

Setagawa Reiwa Bridge.jpg

基本情報
日本
所在地 大津市
交差物件 瀬田川
用途 道路橋
路線名 国道422号
管理者 滋賀県
施工者 高田機工
着工 2014年
竣工 2019年
開通 2019年5月26日
座標 北緯34度55分54.6秒 東経135度54分56.2秒 / 北緯34.931833度 東経135.915611度 / 34.931833; 135.915611座標: 北緯34度55分54.6秒 東経135度54分56.2秒 / 北緯34.931833度 東経135.915611度 / 34.931833; 135.915611
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 176 m
19 m
地図
瀬田川令和大橋の位置(滋賀県内)
瀬田川令和大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道422号標識

瀬田川令和大橋(せたがわれいわおおはし)は、滋賀県大津市瀬田川に架かる道路である。国道422号の大石東バイパスの一部として整備された[1]。全国で初めて元号「令和」を名称に使用した国道の橋として、話題になった[1][2][3]。高さ27 m(メートル)のアーチが特徴である[2][4]

概要[編集]

  • 長さ - 176 m[1][2]
    • 支間長 - 173 m[5]
  • 幅 - 19 m[3]
  • 鋼重 - 1,412 t(トン[6]
  • 形式 - バスケットハンドル式ニールセンローゼ橋[6]
  • 総事業費 - 約29億円[2]
  • 施工 - 高田機工[5]

構造[編集]

架橋位置での瀬田川は水量が少ない非出水期でも毎秒200立方メートルもの水が流れており[5]、瀬田川が大戸川と合流する直下流でもある[7]。河川内での施工可能期間は4ヶ月であるためプレキャスト基礎を用いた施工が不可能であり[7]橋脚が不要な構造が選ばれた[5]。橋種は予備設計における一次選定ではニールセンローゼ橋・単弦ローゼ桁橋・鋼斜張橋の3種類が候補に挙がり、二次選定では曲線の道路線形に対処可能な形式であり、施工性・経済性・景観性の観点からニールセンローゼ橋が選定された[5]

橋梁の両端にある下部工(橋台)は逆T式橋台である[5]

施工[編集]

2013年平成25年)度から橋梁関連工事を開始し、2014年(平成26年)度から橋台の設置工事に取り掛かった[7]。橋梁工事に先立ち、滋賀県道29号瀬田大石東線や黒津川の付け替えを行い、光ケーブルの移設を行った[7]

上部工(橋梁の本体)の設置はケーブルクレーンを用いた施工が行われ、部材は斜吊設備を転用しながら1部材ずつ設置を行っていった[7]。アーチリブ・上支材から設置を行い、補鋼桁・横桁、下横桁・縦桁の順に取り付けられた[7]

沿革[編集]

橋梁の開通後、関津トンネルの開通をもって同年9月14日に大石東バイパスは全線開通した[8]

近隣の施設[編集]

上流・下流の橋[編集]

  • 瀬田川洗堰 - 上流にある。道路橋として利用できる。
  • 鹿跳橋 - 下流にある国道422号の道路橋。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「瀬田川令和大橋」が開通 大津で住民ら渡り初め”. 中日新聞 (2019年5月27日). 2019年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 令和一番乗り 命名「瀬田川令和大橋」大津の国道に新設 26日供用”. 産経新聞 (2019年5月23日). 2019年6月2日閲覧。
  3. ^ a b 瀬田川令和大橋 未来へつなぐ橋開通 渡り初め 大津 /滋賀”. 毎日新聞 (2019年5月27日). 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ 令和大橋渡り初め 新元号冠した橋、全国初 滋賀・瀬田川”. 京都新聞 (2019年5月27日). 2019年6月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 實末和也. 井手迫瑞樹: “滋賀県発注 鋼バスケットハンドル式ニールセンローゼ橋 高田機工(仮称)瀬田川橋梁の立体仮組立を実施”. 道路構造物ジャーナルNET. 鋼構造出版. 2019年6月9日閲覧。
  6. ^ a b 国道422号 道路整備事業 大石東バイパス「瀬田川令和大橋」 (PDF)”. 滋賀県 大津土木事務所. 2019年6月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 上原学・岡田裕行. “国道422号大石東バイパスにおける(仮称)瀬田川橋梁計画について”. 滋賀県. 2019年6月9日閲覧。
  8. ^ 国道422号大石東(おおいしひがし)バイパスの開通について”. 滋賀県 (2019年9月11日). 2020年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]