鳥飼大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 2.svg
大阪府道2号標識

鳥飼大橋(とりかいおおはし)は、大阪府守口市大日町と摂津市鳥飼西の間の淀川に架かる。道路橋2本(大阪府道2号大阪中央環状線)とモノレール橋(大阪高速鉄道大阪モノレール線)、高速道路橋(近畿自動車道)の計4本が架かる。

概要[編集]

鳥飼大橋 上流側から
鳥飼大橋 下流側から

近畿道摂津南IC国道1号、さらには阪神高速12号守口線が接続し交通の集中地点である。そのためにかねてから交通渋滞が発生しやすく、道路交通情報で「摂津の鳥飼和道(とりかいわどう:橋の摂津市側の町名および交差点名)で○km」という言葉はよく聞かれた(淀川を自動車が渡ることができる橋は、東隣に鳥飼仁和寺大橋有料道路、西隣に豊里大橋があるが、どちらも鳥飼大橋からは2~3kmほど離れているために迂回には不便)。しかし後述する新橋が供用を開始してからは車線が増加したため、この渋滞は幾分緩和されている。

西側(下流側)から、北行道路橋(新橋)、北行道路橋(旧橋)、高速道路橋、南行道路橋(新鳥飼大橋)、モノレール橋と並んでいる。

1954年(昭和29年)に竣工した、橋長550mの北行道路橋(旧橋)(ゲルバートラス橋)については老朽化が著しく、2010年(平成22年)2月27日(土)早朝に新橋の車道部分3車線が暫定供用開始された。さらに旧橋の撤去後、新橋の拡幅が行われ、2013年(平成25年)末には車道3車線+歩道での全面供用の予定であったが、2016年8月末現在も車道3車線のみの暫定供用のままで、車道3車線+歩道での完成は2019年度(平成31年度)末の予定となっている。

ゲルバートラス橋[編集]

2010年(平成22年)2月26日まで大阪府道2号大阪中央環状線の一部(北行き一方通行2車線)として使用されていたこの橋は、1954年(昭和29年)11月1日に全国初の有料橋として開通したものである。

当初、大阪中央環状線建設の一環として、1942年(昭和17年)に木造の仮橋の建設が着工された。戦時中のため、建設資材不足にも見舞われたが、1948年(昭和23年)3月に開通した。しかし、木造ゆえに水害などによる破損を繰り返し、また車両の通行による振動も激しく、荷重・速度制限が設定されることになった。

永久橋の設置が待ち望まれていたが、1952年(昭和27年)に道路特別整備法が施行されたのを受け、同年9月に有料橋として起工され、建設期間2年2ヶ月、工費3億3千万円(当時)をかけ、全長540m、全幅7.5m、ゲルバートラス型、8基の橋脚と2基の橋台を擁する橋梁が竣工した。

管理は日本道路公団によってなされ(同公団にとって初の有料橋であった)、淀川左岸に料金所が設けられた。建設した大阪府は、国より借り受けた事業費3億3千万円および維持管理費の全額を1970年(昭和45年)までに償還する計画を立てたが、償還前に買い取り、1964年(昭和39年)3月16日に無料開放した。

鳥飼大橋料金所

開通当初は往復2車線の対面通行であったが、無料開放後の1965年(昭和40年)に上流側に新たな道路橋(南行き一方通行2車線)が完成したため、北行き一方通行となった。

その後の交通量の増大による著しい老朽化の影響から、架け替えの数年前からは荷重(20トン)・速度制限(40キロ)が設定されていた。

位置情報[編集]

北緯34度45分30.00秒東経135度34分22.75秒

関連項目[編集]

外部リンク[編集]