観月橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道24号標識
観月橋
Kangetsukyo.JPG
観月橋(右)と新観月橋(左)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 京都府京都市伏見区
交差物件 宇治川
用途 道路橋
路線名 国道24号
管理者 国土交通省近畿地方整備局京都国道事務所
施工者 日本橋梁
開通 1936年昭和11年)6月1日
座標 北緯34度55分37.5秒 東経135度46分6.7秒 / 北緯34.927083度 東経135.768528度 / 34.927083; 135.768528 (観月橋)
構造諸元
形式 ゲルバー桁橋
材料
全長 178.950 m
12.400 m
最大支間長 25.300 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

観月橋(かんげつきょう)とは、京都府京都市伏見区の宇治川(淀川)に架かる国道24号

概要[編集]

豊臣秀吉が現在の指月山月橋院付近で催したと言われる月見の宴が名称の由来である[1]

観月橋は観月橋北詰交差点で京都外環状線京都府道7号京都宇治線)に接続する歩道が設置されている。

現在は1975年(昭和50年)に隣接して新観月橋(新観月高架橋)が架橋されており、外環状線や京阪宇治線をオーバーパスしている。観月橋の下流には近鉄京都線澱川橋梁が渡河している。

観月橋の諸元[編集]

[2][3]

新観月橋の諸元[編集]

  • 形式 - 2径間連続箱桁橋(跨線橋部) + 鋼3径間連続箱桁橋(渡河部) + 鋼単純合成鈑桁橋
  • 延長 - 536.9 m
    • 箱桁部径間割 - ( 2×48 m ) + ( 51.4 m + 76.6 m + 51.4 m )
  • 幅員
    • 総幅員 - 12.0 m
    • 有効幅員 - 11.0 m
  • 床版 - 鉄筋コンクリート
  • 施工 - 川崎重工業日本橋梁(渡河部)
  • 完成 - 1975年(昭和50年)3月

[3][4][5]

沿革[編集]

江戸時代の豊後橋(『都名所図会』1780年)
  • 鎌倉時代末期から、桂橋(両郡橋又は指月橋)と称し存在。
  • 桃山時代 - 豊臣秀吉が豊後大友氏に命じ、宇治橋伏見城下のこの地に移して豊後橋とした。
  • 江戸時代を通して18回の架け替えや修復の工事が行われ、鳥羽・伏見の戦いで豊後橋が焼け落ち、その後、渡し船が就航。
  • 1873年明治6年) - 再建に伴い、観月橋と命名[1]
  • 1936年昭和11年)6月1日 - 現在の観月橋が開通[3][6]
  • 1975年(昭和50年)3月11日 - 新観月橋(新観月高架橋)が開通[3][7]
  • 1979年(昭和54年)3月 - 観月橋の補修・上流側歩道橋拡幅[3]

橋の周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 京阪電気鉄道駅置き新聞「K PRESS」2013年4月号、p.7
  2. ^ 観月橋”. 歴史的鋼橋集覧. 土木学会. 2021年12月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e 観月橋1936-6-1”. 土木学会附属土木図書館. 橋梁史年表. 土木学会. 2021年12月15日閲覧。
  4. ^ 橋梁年鑑 昭和54年版 (PDF)”. 日本橋梁建設協会. pp. 112, 113. 2021年12月15日閲覧。
  5. ^ 跨線橋の点検結果及び修繕状況について (PDF)”. 京都府道路鉄道連絡会議. p. 7. 2021年12月15日閲覧。
  6. ^ 京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念事業実行委員会 『京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念誌』 2003年5月、p.65。
  7. ^ 京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念事業実行委員会 『京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念誌』 2003年5月、p.68。

参考文献[編集]

  • 京都市立桃山中学校 『創立50周年記念誌 桃暉』 1997年7月、p.2。
  • 京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念事業実行委員会 『京都市立伏見住吉小学校創立百周年記念誌』 2003年5月、p.65,68。

関連項目[編集]