池田禎治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 禎治(いけだ ていじ、1910年1月22日 - 1977年2月26日)は、日本政治家衆議院議員

経歴[編集]

福岡県田川郡香春町出身[1]。上京し、東京府立第五中学に学ぶ[2]。総同盟本部書記、社会民衆党書記などを経て、労働運動に加入した。その後、都新聞読売新聞時事新報の政治部記者から、時事新報政治部長となった[1][2]

戦後、日本社会党の結党に参加し西尾末広系の党内社会党右派に所属。片山内閣内閣総理大臣秘書官[3]と西尾末広国務大臣秘書官を務めた[1][2]。福岡県小倉市(現在の北九州市小倉南区蜷田若園近辺)の県営アパートの一室を借りて、かなり手狭な社会党支部を開いている[4]1960年1月民主社会党(後の民社党)結党に参加。1968年西村栄一委員長の下で佐々木良作国対委員長が書記長に就任に伴い後任の党国会対策委員長に就任。1971年春日一幸委員長の就任で国対委員長を留任し、同年自民党田中角栄幹事長公明党矢野絢也書記長らと共に『沖縄関連法案』が衆議院強行採決されたのを受け、党として同法案の修正案に応じる。翌1972年国対委員長を退任(後任は塚本三郎)。1976年の総選挙で落選したため政界を引退。落選から間もない翌1977年2月に死去した。

選挙歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』39頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』53頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』468頁。
  4. ^ 朝日新聞社「日本社会党」1955年

参考文献[編集]