水胞性口炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水胞性口炎(すいほうせいこうえん、: vesicular stomatitis)は、ラブドウイルス科に属する水胞性口炎ウイルスを原因とする牛、馬、豚などの感染症。家畜伝染病予防法における法定伝染病であり、対象動物は牛、水牛、鹿、馬、豚、猪である。OIEリストA疾病。感染は発症動物からの接触感染、汚染物からの経口、経鼻感染などによる。牛においては水疱、びらんを形成する。診断にはCF反応、HI反応、ELISAが用いられ、偶蹄類の場合は口蹄疫との鑑別が必要である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか『動物の感染症』近代出版、2002年、ISBN 4874020747