植草裕樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
植草 裕樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 ウエ、ウエク
カタカナ ウエクサ ユウキ
ラテン文字 UEKUSA Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-07-02) 1982年7月2日(36歳)
出身地 千葉県市原市
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 清水エスパルス
ポジション GK
背番号 43
利き足 右足
ユース
0000-1994
1995-1997
1998-2000
2001-2004
菊間FC
市原市立菊間中学校
船橋市立船橋高等学校
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2010 川崎フロンターレ 0 (0)
2009-2010 モンテディオ山形 (loan) 2 (0)
2011 モンテディオ山形 16 (0)
2012-2014 ヴィッセル神戸 0 (0)
2014 V・ファーレン長崎 (loan) 12 (0)
2015-2016 V・ファーレン長崎 23 (0)
2016- 清水エスパルス 15 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

植草 裕樹(うえくさ ゆうき、1982年7月2日 - )は、千葉県市原市出身のサッカー選手。Jリーグ清水エスパルス所属。ポジションはGK。元TEPCOマリーゼ所属選手の河田優は妻[1]

来歴[編集]

中学3年時にサッカーに熱中し始め、市立船橋高校に進学。三年生の2000年柏レイソルの特別指定選手となるが、高校卒業後、両親や恩師の薦めにより早稲田大学に進学。

2005年川崎フロンターレに入団[2]。在学時に怪我を負った経緯のために大学出身ルーキーとしては異例の半年間の契約であった。半年後に契約は延長された[3]。2005年は吉原慎也下川誠吾相澤貴志に次ぐ第四のGKの扱いであり出番はなかった。2006年には下川誠吾が移籍し第三GKとなる。2007年には吉原慎也が期限付き移籍するいっぽうで川島永嗣が名古屋から移籍加入し正GKの位置を獲得したため、第三のGKの立場に変化はなかった。

2008年相澤貴志の期限付き移籍と入れ替わりで復帰した吉原慎也が怪我を負ったため開幕ベンチ入りを果たすと、3月20日ヤマザキナビスコカップ予選第一戦の千葉戦で公式戦デビュー[4]。この年ナビスコ杯4試合、天皇杯1試合の公式戦出場を記録する。

2009年、ユースから昇格した安藤駿介と入れ替わるように、J1昇格したモンテディオ山形期限付き移籍[5][6]2010年も引き続き期限付き移籍延長の形で山形に残留し、選手会長にも就任。同年の第20節(対神戸戦)にて、山形の選手として初出場した。

2011年シーズンから山形に完全移籍[7]。開幕の古巣川崎戦では自身初の開幕スタメンを射止めた。この年は清水健太とポジションを争い、自己最多の16試合に出場したが、皮肉にもチームは最下位でJ2降格となった。

2012年シーズンからヴィッセル神戸に完全移籍[8]。背番号1を貰ったが、徳重健太の前に出場機会はなく自身2年連続となるJ2降格の屈辱を味わった。2013年山本海人の加入で第3GKに転落したが、徳重が開幕前に負傷したため3月3日徳島ヴォルティスとの開幕戦でベンチ入りを果たした。

しかし、神戸では出場機会が訪れることはなく2014年8月1日V・ファーレン長崎へ期限付き移籍[9]。第31節ジュビロ磐田戦(1-1)で移籍後初出場を果たすと、続く第32節横浜FC戦(1-0)では松下年宏のPKを止めるなど活躍し勝利に貢献。それ以降正GKの座を勝ち取りシーズン終了まで12試合連続出場を果たした。

2015年1月、長崎へ完全移籍[10]

2016年7月、清水エスパルスへ完全移籍[11]。シーズン序盤で負傷した西部洋平の長期離脱と、度重なるミスで自信を喪失していた杉山力裕に代わり移籍直後から正GKとして定着した。既に清水の自動昇格は絶望的な状況であったが、植草のファイト溢れるセービングはチーム状況を一変させ、植草が出場したリーグ終盤戦を13勝1分1敗というエスパルス曲線[要出典]を具現化するような驚異的な成績で乗り切り、シーズン2位で自動昇格を手にした。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 川崎 34 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 22 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 0 0 4 0 1 0 5 0
2009 山形 30 0 0 1 0 2 0 3 0
2010 20 2 0 6 0 1 0 9 0
2011 16 16 0 1 0 2 0 19 0
2012 神戸 1 0 0 1 0 0 0 1 0
2013 J2 0 0 - 2 0 2 0
2014 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
長崎 43 J2 12 0 - 0 0 0 0
2015 11 0 - 1 0 12 0
2016 0 0 - - 0 0
清水 15 0 - 2 0 17 0
2017 J1 0 0 4 0 0 0 4 0
2018 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 18 0 17 0 6 0 41 0
日本 J2 37 0 - 5 0 43 0
総通算 56 0 17 0 11 0 84 0
  • 特別指定選手としての公式戦出場はなし

脚注[編集]

  1. ^ 植草裕樹選手入籍のお知らせ 川崎フロンターレ公式サイト 2007.6.29付ニュースリリース。なお河田は2007年7月付で退職・退部した。選手の退部について TEPCOマリーゼ公式サイト 2007.7.3付ニュースリリース参照。
  2. ^ 植草裕樹選手加入内定のお知らせ 川崎フロンターレ公式サイト 2005.1.21付ニュースリリース
  3. ^ 植草裕樹選手契約延長のお知らせ 川崎フロンターレ公式サイト 2005.7.26付ニュースリリース
  4. ^ 公式記録2008Jリーグヤマザキナビスコカップ/Cグループ第1節 試合記録
  5. ^ 植草裕樹選手期限付き移籍のお知らせ 川崎フロンターレ公式サイト 2009.1.14付ニュースリリース
  6. ^ 川崎フロンターレから 植草 裕樹選手期限付移籍加入のお知らせ モンテディオ山形オフィシャルサイト プレスリリース2009年1月14日付
  7. ^ 植草裕樹選手移籍のお知らせ 川崎フロンターレ公式サイト 2010.12.24付ニュースリリース
  8. ^ 【神戸】山形GK植草獲得日刊スポーツ2011.12.15付報道
  9. ^ 植草裕樹選手 期限付き移籍加入のお知らせ V・ファーレン長崎公式サイト 2014.8.1付ニュースリリース
  10. ^ 植草裕樹選手 完全移籍加入のお知らせ V・ファーレン長崎公式サイト 2015.1.9付ニュースリリース
  11. ^ 植草裕樹選手(V・ファーレン長崎) 完全移籍にて加入決定のお知らせ 清水エスパルス公式サイト 2016.7.28付ニュースリリース

関連項目[編集]