東武バスウエスト岩槻営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩槻営業所 所属車両9843号車(宮下)

東武バスウエスト岩槻営業所(とうぶバスウエストいわつきえいぎょうしょ)とは、埼玉県さいたま市岩槻区にある東武バスウエストの営業所で、大宮営業事務所の傘下である。

大宮駅北浦和駅をターミナルとし、さいたま市のうち見沼区東武野田線(東武アーバンパークライン)以南及びJR宇都宮線(東北本線)以東、岩槻区浦和区大宮区緑区並びにJR武蔵野線以北のエリアを運行する系統を所管している。

所在地[編集]

最寄りバス停は、国際興業バス「真福寺」(東武バスの路線は付近にはない)。

沿革[編集]

  • 2002年平成14年)10月1日 - 東武バスウエスト株式会社発足に伴う組織変更により、大宮営業所岩槻出張所が岩槻営業所となる。
  • 2008年(平成20年)8月9日 - 同営業所所管路線にPASMOを導入。

輸送人数[編集]

所管路線[編集]

一般路線バス[編集]

大宮駅東口 - 宮下、岩槻駅方面[編集]

大宮駅東口から、埼玉県道214号新方須賀さいたま線埼玉県道35号川口上尾線を経て、堀の内交差点から埼玉県道2号さいたま春日部線に入り、東武野田線(東武アーバンパークライン)と平行しながら岩槻駅まで運行する路線である。かつては大宮駅から越谷駅までを結ぶ長距離路線であったが、徐々に短縮され、現在の岩槻駅までの路線に落ち着く。

この路線に加え、途中の「宮ヶ谷塔」停留所先の宮ヶ谷塔(西)交差点を右折して北浦和駅方向に進路を変え、埼玉県道65号さいたま幸手線を「宮下」まで運行する路線が2000年平成12年)4月に新設され、日中はダイヤの大半を占める。

1975年昭和50年)頃までは、岩槻駅から大宮駅へ向かうバスは、堀の内交差点で左折せずそのまま県道2号線(旧国道16号[2]を直進し、氷川参道[3]を通って大宮駅東口へ向かっていた。その後ルートが変わり、氷川神社交差点先の一方通行の道路[4]に入り、「銀座ワシントン靴店前」停留所[5]前の一番街交差点で左折して旧中山道に入り、更に駅前の大宮駅東口交差点で左折して中央デパート前の「大宮東口駅前通り」で終着。ここで岩槻駅行きとして始発し、東町交差点を左折し堀の内交差点へ向かうという、ラケット型のルート[6]だったが、市道に降格した一方通行の狭い道路を通っており、使用する車両が大型化すると、この通りの商店街から「危険だ」という苦情の声が頻繁に上がっていたほか、渋滞の激しい旧中山道を通るために定時運行が困難になり、ほとんどの乗客が降車専用の「銀座ワシントン靴店前」から徒歩で大宮駅へ向かう事を余儀なくされており、終着の「大宮東口駅前通り」までの乗客は稀にいる程度だった。

これらの理由から、この道路のコミュニティ道路化を期に、1991年(平成3年)10月に上下線を同一ルートに変更すると同時に「大宮駅東口」発着とし、「大宮東口駅前通り」は途中停留所[7]となった。
また、大宮駅東口発着に変更された当初は2番のりばから発着していたが、その後運行本数等を勘案し、現在の8番のりば発着に変更された。しかし、平日の最終バス(深夜バス)及びその後の深夜急行バスミッドナイトアロー岩槻・春日部)は、2番のりばから発車する[8]

更に、1980年(昭和55年)頃までは同系統の枝番として「堀崎火の見下」行きの路線が存在した。
大宮駅から「大和田前原」停留所まで大50系統と同一ルートで運行し、停留所先の大和田駅入口交差点を左折。埼玉県道398号大和田停車場線を北上して、東武野田線(東武アーバンパークライン)の大和田駅へ向かい、線路を越えた駅前の十字路で右折して「堀崎町」(現在の見沼区役所、大宮武道館、大宮東図書館近辺)を経て、「堀崎火の見下」(現在の見沼区役所(北)交差点付近)で終着する。
なお、現在このルートの一部を、国際興業バス東大03系統:東大宮駅⇔大和田駅)、及びさいたま市コミュニティバス(見沼区役所線)が運行している。

北浦和駅 - 山崎 - 東新井団地、宮下、岩槻駅方面[編集]

  • 岩01:北浦和駅 - 浦高前 - 皇山道 - 山崎 - 御蔵騎西屋前 - 向大谷 - 宮下 - 加倉 - 岩槻駅
  • 岩02:北浦和駅 - 浦高前 - 皇山道 - 山崎 - 御蔵騎西屋前 - 向大谷 - 宮下
  • 岩02:北浦和駅→浦高前→皇山道→山崎→東新井団地→御蔵騎西屋前→向大谷→宮下
    (北浦和駅21:00発以降。深夜バスも運行・平日5本、土曜1本)
  • 岩03:北浦和駅 - 浦高前 - 皇山道 - 山崎 - 東新井団地
  • 岩04:浦和駅 - 常盤二丁目 - 北浦和駅 - 浦高前 - 皇山道 - 山崎 - 御蔵騎西屋前 - 向大谷 - 宮下
  • 岩05:浦和駅 - 常盤二丁目 - 北浦和駅 - 浦高前 - 皇山道 - 山崎 - 東新井団地
    (土曜及び日曜・祝日のみ)

埼玉県道65号さいたま幸手線を東新井団地及び宮下まで運行する、当営業所の主要路線である。停留所は北浦和駅東口ロータリーから、埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線(旧中山道)のスクランブル交差点を越えた所にある北浦和ターミナルビル敷地内の交通広場である「北浦和バスターミナル」に所在している(国際興業バスと異なり、駅東口ロータリーには入らない)。停留所名は北浦和駅であるものの、行先表記は「北浦和」である。現在のバスターミナルは「北浦和一丁目地区第一種市街地再開発事業」による北浦和ターミナルビルの竣工に伴い、2002年(平成14年)に整備されたもので、それ以前はほぼ同じ位置で平面の折返場が乗り場、降車場は対岸のアーケード寄りに設置されていた。

本数は少ないものの、「宮下」の先を道なりに進み、宮ヶ谷塔(西)交差点を右折し埼玉県道2号さいたま春日部線に入り、大50系統と区間重複して岩槻駅まで運行する岩01系統や、浦和駅(西口)発着で埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線を通り、北浦和を経由して宮下(岩04系統)、東新井団地(岩05系統)まで運行する系統がある。(北浦和以南は浦31浦44系統と区間重複)

北浦和駅を21:00以降に発車する岩02系統の大半は、途中東新井団地をラケット状に経由する。平日は最終含め5本、土曜は最終が深夜バスとして運行される。

この路線は従来、すべての系統で岩02を使用していたが、2008年(平成20年)10月11日のダイヤ改正において系統番号を分離した。

さいたま新都心駅東口 - 山崎 - 東新井団地線[編集]

  • 新都22:さいたま新都心駅東口 - 大宮警察 - 中木崎 - 山崎 - 東新井団地
    • 大宮警察署が2017年11月27日に現在地へ移転した事に伴い、2018年1月13日に「北袋住宅」停留所を「大宮警察」停留所に改称した。

さいたま新都心駅東口 - (首都高) - 東新井団地線[編集]

深夜急行バス・高速バス[編集]

担当は無し

自治体のコミュニティバス[編集]

廃止路線[編集]

大宮駅東口 - 吉敷一丁目 - さいたま新都心駅東口 - 山崎 - 東新井団地線[編集]

  • 大都24:大宮駅東口 - 吉敷一丁目 - さいたま新都心東口 - 北袋住宅 - 西高前 - 山崎 - 東新井団地
    • 天沼営業所との共管路線。2009年(平成21年)10月11日のダイヤ改正にて新設。土曜及び日曜・祝日のみ4本。2017年6月19日改正にて廃止。

車両[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 東武交通広告のご案内
  2. ^ 1981年4月に県道に降格。当時の県道名は、埼玉県道21号大宮岩槻線
  3. ^ 現在は「平成ひろば」として整備されている区間
  4. ^ 現在の一の宮通り。1972年(昭和47年)1月19日までは国道16号であった
  5. ^ 旧停留所名は「ときわ通り」
  6. ^ 「堀の内」停留所から先、「氷川神社」⇒「銀座ワシントン靴店前」⇒「大宮東口駅前通り」⇒「氷川参道」⇒「東町一丁目」⇒「東町二丁目」を経て、再び「堀の内」停留所に戻るまでは、片方向のみの運行だったため、本系統の停留所は片側にのみ設置されていた
  7. ^ 宮下・岩槻駅方面のみ。大宮駅東口方面は「(大宮)市役所入口」→「さいたま市大宮庁舎入口」→「大宮区役所入口」停留所を対応停留所としている
  8. ^ 8番のりばは駅前通り沿いにあるものの、駅から少し離れている為に利便性が良くない。その為、深夜は2番のりば発着に余裕が出てくるので、乗客の利便を考慮しての措置である
  9. ^ ニュースリリース告知物
  10. ^ 但し、「豊春駅入口」停留所は通過する

関連項目[編集]

外部リンク[編集]