朝日自動車加須営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝日自動車加須営業所(あさひじどうしゃかぞえいぎょうしょ)とは、朝日自動車株式会社の営業所の一つである。

所在地[編集]

  • 埼玉県加須市馬内284-3(最寄りバス停は「加須車庫」)
    • 加須車庫併設

その他の施設[編集]

  • 行田折返し場
    • 他、施設名は不明だが、騎西町福祉センター発着用・新落合橋発着用・鴻巣市フラワー号吹上南コース吹上駅南口発着用の折り返し・待機施設が、それぞれ存在している。

過去に存在した施設[編集]

沿革[編集]

  • 1936年6月:騎西自動車加須営業所として開設。
  • 1947年2月:東武鉄道に買収され、東武バス加須営業所となる。
  • 1961年6月:車庫移転。
  • 1989年1月:鴻巣駅経由の路線を免許センターへ延長。
  • 1995年4月:加須市・行田市コミュニティバス運行開始。
  • 2000年3月:東武バス加須営業所閉所(朝日自動車へ移管)

朝日自動車加須営業所

  • 2000年4月:加須営業所を東武バス加須営業所跡地へ移転。バス路線を引き継ぐ。
  • 2000年10月:東武バス行田出張所閉所に伴い、旧行田管内の全路線の移管を受ける。
  • 2002年:鴻巣市コミュニティバス運行開始。
  • 2008年1月:鴻巣市コミュニティバス新路線を引き受ける。
  • 2008年12月:PASMO利用開始。
  • 2011年12月:行田車庫閉鎖。起終点路線は、別の場所に新設された「行田折返し場」発着に路線変更。
  • 2014年4月:鴻巣市コミュニティバスの一部路線の運行から撤退。
  • 2014年11月:桶川駅‐免許センター線廃止に伴い、桶川市北本市から撤退(桶川市は菖蒲営業所の路線が現有するが、北本市は朝日自動車として完全撤退)。
  • 2015年1月:熊谷駅‐行田折返し場廃止に伴い、熊谷市から撤退(太田営業所の路線が現有)。
  • 2017年4月:行田市内循環バスの西循環コースの改編により、熊谷市に再進出。

車両[編集]

2000年4月に移管されたときは、いすゞエルガミオ(ツーステップバス前後扉車)の新車が導入された。同年10月に東武バス行田出張所の路線が移管された際に増備された車両からは同車種ながらワンステップバス(前中扉)に仕様が変更されたため2種類の仕様が存在する。元東武バスの中型車も数台が存在していたが、後に国際十王交通に移籍した(現在廃車済)。 2014年現在では、いすゞエルガミオ 日野レインボーⅡが混在しており、他にも日野レインボーRJ リエッセ ポンチョが在籍している。また、エルガミオは、ツーステップ ワンストップ ノンステップが全てそろっている。 

輸送人数[編集]

現有路線[編集]

全路線(加須車庫-加須駅北口区間便を除く)が鴻巣市内(鴻巣駅免許センターまたは吹上駅)を発着している。路線網は鴻巣市から営業所・車庫のある加須市及び、折り返し施設のある行田市へと延びる。以前は桶川市北本市熊谷市にも路線が延びていた。

加須駅‐鴻巣駅線以外は加須車庫とは営業路線は繋がっていないが、加須車庫・行田地区・真名板十字路停留所は全て国道125号線沿いであり、同線を介して回送運転がされている。

加須駅 - 騎西 - 鴻巣駅線[編集]

  • 加須駅南口 - 騎西福祉センター - 騎西総合支所前 - 笠原十字路 - 鴻巣駅 - 免許センター
  • 加須車庫 - 加須駅北口 - 加須駅南口 - 騎西福祉センター - 騎西総合支所前 - 笠原十字路 - 鴻巣駅 - 免許センター
  • 免許センター - 鴻巣駅 - 笠原十字路 - 騎西総合支所前 - 騎西福祉センター
  • 加須車庫 - 加須駅北口(平日1往復のみ)

加須駅と鴻巣駅との間を加須市旧騎西町経由で結ぶ路線である。旧騎西町を走る路線バスとしては中心的な路線であり、鴻巣駅 - 騎西町福祉センター間は1時間に1 - 4本と多めの本数が確保されている。日中ほとんどの便が加須車庫 - 免許センターまたは、加須駅南口 - 免許センター間の運行である。平日夕方のみ加須車庫 - 加須駅北口間の1往復がある(かつては廃止済の大越馬場線の区間便扱いだった)。従来、加須市側は加須車庫及び加須駅北口が中心となる起終点だったが、加須駅南口ロータリーが整備されると、鴻巣市側に近い加須駅南口を経由するようルートが変更され、更に現在は北口起終点だった便は全て南口起終点に変更されており、加須駅北口を起終点として鴻巣方面を結ぶ便は運行されていない。

鴻巣駅 - 新落合橋線[編集]

  • 鴻巣駅 → 免許センター → 新落合橋 → 真名板十字路
  • 堂裏 → 新落合橋 → 免許センター → 鴻巣駅
  • 鴻巣駅 - 免許センター - 新落合橋

鴻巣駅から鴻巣市川里地区を経由して行田市東部、国道125号の真名板十字路を結ぶ路線である。鴻巣・行田市境の新落合橋までは毎時1本程度であるが、新落合橋 - 真名板十字路間は1日数本のみである。元々は加須駅線や廃止された桶川駅線(後述)と同様に一旦鴻巣駅に発着して一部便が延長して免許センターに乗り入れる経路だったが、2014年11月4日付で鴻巣市街地のルートを大幅に変更し、全便が鴻巣駅 - 新落合橋方面の経路途中で免許センターを経由する形になった。 真名板十字路停留所は降車専用で、鴻巣駅行きは1つ隣の堂裏停留所が始発地である。

前身の東武バス時代には、真名板十字路からさらに北上し東武伊勢崎線羽生駅東口まで乗り入れていた。また、真名板十字路バス停には本系統と交差点で直交する形で国道上を走行する、加須駅 - 不動岡 - 行田水城公園間のバス路線も存在していた。

鴻巣駅 - 免許センター線[編集]

  • 鴻巣駅 - 免許センター

高崎線鴻巣駅と免許センターを結ぶ路線である。同区間には鴻巣駅 - 免許センターの折り返し便のほか、朝日バスの鴻巣駅 - 新落合橋線・加須駅 - 騎西町 - 鴻巣駅線、さらに川越観光バスの東松山駅 - 免許センター線([東松02])や東武バスの川越駅 - 免許センター線([川越03])が運行されており、朝や夜間を除き1時間当たり10本程度が運行されている。

吹上駅 - 行田市内線[編集]

  • 吹上駅 - ものつくり大学 - 前谷 - 行田折返し場
  • 吹上駅 - ものつくり大学 - 前谷 - 行田市駅
  • 吹上駅 - ものつくり大学 - 前谷 - 総合教育センター(平日のみ、12月29日を除く)
    • 吹上駅 - ものつくり大学 - 前谷 - 長野一丁目(12月29日が平日の場合のみ、総合教育センター発着の代替で運行)
  • 吹上駅 - 佐間 - 行田本町 - 行田折返し場(平日は深夜バスも運行)
  • 吹上駅 - 佐間 - 行田本町 - 工業団地
  • 吹上駅 - 佐間 - 行田本町 - 総合教育センター(平日のみ、12月29日を除く)
    • 吹上駅 - 佐間 - 行田本町 - 長野一丁目(12月29日が平日の場合のみ、総合教育センター発着の代替で運行)

高崎線吹上駅と行田市の中心部を結ぶ路線で、一部は行田市東部の工業団地へ向かう。行田市と高崎線を結ぶ路線であり、吹上駅 - 行田市駅間は1時間に6本運転されている。特に佐間団地経由は1時間に4本運転されており、深夜バスも運行されている。一方の前谷経由も1時間に最低2本は確保されているが、平日朝の一部と夕方時間帯は行田市駅折返しとなる。2011年4月1日より一部便が総合教育センターに延伸された。2011年12月13日までは、旧東武バス行田出張所である行田車庫(現「長野一丁目」停留所北側)を行田市内路線(後述の熊谷駅発着路線を含む)の拠点車庫として使用していたが、翌日より行田折返し場を新設した。

コミュニティバス[編集]

廃止路線[編集]

桶川駅 - 免許センター線[編集]

  • 桶川駅 - 二ツ家 - 北本駅東口 - 深井 - 鴻巣駅 - 免許センター

桶川駅と鴻巣駅・免許センターを旧中山道を経由して結ぶ路線であった。東武時代の最盛期には大宮駅東口まで運行されていたが、上尾駅東口までに短縮された後に、現行の桶川駅発着に短縮された。さらに、2009年7月には大幅な減便が実施され、1時間 - 2時間に1本程度の運行から1日2往復(朝と夜に1往復ずつ)に大幅減便された。 2014年11月4日付けで路線廃止となった。

加須駅 - 大越馬場線[編集]

  • 加須駅 - 樋遣川 - 大越馬場
  • 加須車庫 - 加須駅 - 大越馬場

加須駅と加須市北部の大越地区を結ぶ路線であった。本数は少なく朝、日中、夜に必要最低限の本数が運転されており、日中の運行は昼間時間帯にわずか1 - 2本のみであった。 2014年11月4日付けで路線廃止となった。

熊谷駅 - 行田市 - 行田折返し場線[編集]

  • 熊谷駅 - 行田折返し場
  • 熊谷駅 - 流通センター - 行田折返し場

先に廃止されていた桶川駅-免許センター線を除き、他の路線は鉄道で直接結ばれていない地域を補完していて、一定の需要があるのに対し、この路線は秩父鉄道線と平行しており、前身の行田車庫発着時代や東武バス時代末期の時点で既に、運転本数も少ない路線だったが、2015年1月10日を持って廃止された[2]

タクシー[編集]

加須駅構内を中心に配車を行っている。

東武バス加須営業所[編集]

東武バス加須営業所は埼玉県北東部の一大拠点であった。しかし、相次ぐ路線廃止により傘下で最大規模を誇る菖蒲出張所の半分以下という在籍車両数が少ない営業所となっていた。 また傘下に羽生出張所と幸手出張所があった。

車両[編集]

いすゞ車が配置されていた。自動車排出ガス規制関連で1995年前後に新車が数台入った以外は東京都内や埼玉県南地区の営業所の転属車で占められていた。

路線[編集]

  • [加01]加須駅 - 加須車庫
  • [加03]加須駅 - 騎西三丁目 - 鴻巣駅 - 免許センター
  • [加03]加須車庫 - 加須駅 - 騎西三丁目 - 鴻巣駅 - 免許センター
  • [加04]加須駅 - 樋遣川 - 大越馬場
  • [加04]加須車庫 - 加須駅 - 大越馬場
  • [鴻01]鴻巣駅 - 免許センター
  • [羽02]鴻巣駅 - 新落合橋 - 真名板十字路
  • [羽02]免許センター - 鴻巣駅 - 新落合橋 - 真名板十字路
  • [羽02]免許センター - 鴻巣駅 - 新落合橋 - 真名板十字路 - 羽生駅
  • [鴻03]上尾駅 - 鴻巣駅 - 免許センター

廃止路線(加須営業所管内)[編集]

  • [加02]加須駅 - 不動岡 - 行田水城公園
  • [加02]加須駅 - 不動岡 - 行田車庫
  • [加02]加須駅 - 不動岡 - 行田市駅
  • [加02]加須駅 - むさしの村入口
  • [加04]加須駅 - 大越馬場 - 羽生駅
  • [加05]加須駅 - 菖蒲上町

廃止路線(羽生出張所管内)[編集]

  • [羽01]羽生駅 - 羽生車庫
  • [羽03]羽生駅 - 村君
  • [羽04]羽生駅 - 樋遣川 - 栗橋駅

廃止路線(幸手出張所管内)[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 東武交通広告のご案内
  2. ^ [1]
  • 東武鉄道 『東武鉄道百年史』 東武鉄道、1999年。

外部リンク[編集]