来世は他人がいい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
来世は他人がいい
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 小西明日翔
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKC
発表号 2017年10月号 -
発表期間 2017年8月25日[1] -
巻数 既刊6巻(2022年3月23日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

来世は他人がいい』(らいせはたにんがいい)は、小西明日翔による日本漫画作品。

小西が「鉄男」の名義でpixivで発表していた同名の作品が元となっており、『アフタヌーン』(講談社)にて2017年10月号から連載中[1]。「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門1位[2]。2021年5月時点で累計発行部数は130万部を突破している[3]

2021年5月、単行本第5巻の発売を記念したCM動画が公開され[4]、2022年3月には第6巻の発売を記念したPVを『月刊アフタヌーン』の公式Twitterにて公開している[5]

2022年、第46回「講談社漫画賞」総合部門の最終候補に選出[6]

あらすじ[編集]

極道の家に生まれた染井 吉乃は祖父に婚約者を決められてしまう。相手は深山 霧島という祖父の知り合いの孫で、婚約を機に吉乃は大阪から東京へ引っ越す。初めは愛想良く吉乃に接する霧島だったが、すぐに吉乃を普通の女だと思い飽きて本性を現す。霧島に身体を売るよう言われ、学校ではいじめを受け、大阪に帰りたくなった吉乃に祖父が「1年かけて自分に惚れさせ、容赦なく捨てて帰ってこい」とアドバイスをする。周りにいる男がクズばかりだと考えた吉乃は行動を起こす決意をする。吉乃は片方の腎臓を400万で売り、霧島とクラスメイトに啖呵を切った。すると霧島に惚れられ、告白と求婚をされるのだった。

登場人物[編集]

主要登場人物らが元ネタと考えられるソメイヨシノミヤマキリシマトリアシショウマ等の花にちなんだ名前であることが特徴的[7]

染井 吉乃(そめい よしの)
本作の主人公。関西最大の指定暴力団4代目桐ケ谷組直系染井組の組長の孫娘。大阪で暮らしていたが、霧島との婚約を機に東京で暮らすことになり、生活が激変。派手な外見をしている。
深山 霧島(みやま きりしま)
声 - 石田彰(CM動画[4]
吉乃の婚約者で、関東最大の指定暴力団5代目砥草会直系の深山一家の総長の孫。総長の蕚は、実際は祖父ではなく、祖父の兄だが、過去の事件から総長預かりになっている。常に笑顔で何を考えているのかわからない。
鳥葦 翔真(とりあし しょうま)
声 - 遊佐浩二(PV[5]
2巻から登場。小学校時代に母が他界し、親戚宅を転々とし、中学時代、染井組組長の蓮二に拾われ、事実上の養子となる。
染井 蓮二(そめい れんじ)
桐ケ谷組直系染井組の組長。剛友会の食事会では桐ケ谷組若頭補佐として出席。
深山 萼(みやま がく)
砥草会直系深山一家の総長。剛友会の食事会では砥草会会長代行として出席。男前。
秋目 日司馬(あきめ ひしば)
砥草会竜舌一家の総長。
橘 葵(たちばな あおい)、稲森 颯太(いなもり ふうた)
深山一家の構成員。葵はスキンヘッドで颯太はロン毛。
布袋 竹人(ほてい たけと)
染井組の構成員。
明石潟 椿(あかしがた つばき)
吉乃のいとこ(吉乃の祖父の愛人の娘の娘)。京都出身。美人。蓮二に憧れている。
汐田 菜緒(しおた なお)
元子役。大学のミスコンで優勝した経験がある。キー局の女子アナに内定している。あざとい性格。

読切作品[編集]

コミックZERO-SUM』(一迅社)2015年9月号にて『二人は底辺』のタイトルで読切作品が掲載された。中学時代の吉乃が翔真と出会う話で、霧島は登場しない。

書誌情報[編集]

  • 小西明日翔 『来世は他人がいい』 講談社〈アフタヌーンKC〉、既刊5巻(2021年5月21日現在)
    1. 2017年11月22日発売[8]ISBN 978-4-06-510376-0
    2. 2018年7月23日発売[9][10]ISBN 978-4-06-511660-9 / ISBN 978-4-06-512979-1(特装版)
    3. 2019年5月23日発売[11]ISBN 978-4-06-514835-8
    4. 2020年6月23日発売[12]ISBN 978-4-06-519771-4
    5. 2021年5月21日発売[13]ISBN 978-4-06-523330-6
    6. 2022年3月23日発売[14]ISBN 978-4-06-526863-6

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “人生をメチャクチャにされたい危険男×女子高生の「来世は他人がいい」始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年8月25日). https://natalie.mu/comic/news/246113 2022年6月5日閲覧。 
  2. ^ “小西明日翔「来世は他人がいい」次にくるマンガ大賞コミックス部門の1位を獲得”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月23日). https://natalie.mu/comic/news/296577 2020年6月23日閲覧。 
  3. ^ 「漫画家になるつもりはなかった」と話す小西明日翔さんが、ヒット作『春の呪い』を生み出すまで”. 2021年7月3日閲覧。
  4. ^ a b “「来世は他人がいい」CM動画公開、石田彰演じる霧島が「俺の人生メチャクチャにして」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月23日). https://natalie.mu/comic/news/429392 2021年5月23日閲覧。 
  5. ^ a b “「来世は他人がいい」鳥葦翔真役を遊佐浩二が演じた6巻発売記念PV公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月26日). https://natalie.mu/comic/news/471304 2022年3月26日閲覧。 
  6. ^ “第46回講談社漫画賞の最終候補作14作品が決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月7日). https://natalie.mu/comic/news/473009 2022年4月7日閲覧。 
  7. ^ 『来世は他人がいい』バイオレンス極道ラブコメの魅力を徹底解説!【ネタバレ注意】” (2019年12月24日). 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ 『来世は他人がいい(1)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2020年6月23日閲覧。
  9. ^ 『来世は他人がいい(2)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2020年6月23日閲覧。
  10. ^ 『来世は他人がいい(2) 特装版』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2021年5月21日閲覧。
  11. ^ 『来世は他人がいい(3)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2020年6月23日閲覧。
  12. ^ 『来世は他人がいい(4)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2020年6月23日閲覧。
  13. ^ 『来世は他人がいい(5)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2021年5月21日閲覧。
  14. ^ 『来世は他人がいい(6)』(小西 明日翔)”. 講談社コミックプラス. 2022年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]