愛知県立熱田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛知県立熱田高等学校
K atsuta.JPG
愛知県立熱田高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 尾張1群Aグループ
設立年月日 1953年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 23109G
所在地 456-0054
愛知県名古屋市熱田区千年一丁目17番71号
北緯35度7分2.13秒 東経136度53分59.7秒 / 北緯35.1172583度 東経136.899917度 / 35.1172583; 136.899917座標: 北緯35度7分2.13秒 東経136度53分59.7秒 / 北緯35.1172583度 東経136.899917度 / 35.1172583; 136.899917
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛知県立熱田高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立熱田高等学校

愛知県立熱田高等学校(あいちけんりつ あつたこうとうがっこう)は、愛知県名古屋市熱田区千年一丁目にある県立高等学校

沿革[編集]

熱田空襲で攻撃対象となった戦闘機などを生産していた航空機工場であった愛知時計電機の跡地に、1953年昭和28年)に第2次世界大戦後初の愛知県立高等学校として開校した[1]

そのため、校庭には空襲で損壊したがれきなどが埋まっており、開校当初は雨などが降ると運動場にがれきが露出し、除去する必要が生じた[1]

設置学科[編集]

沿革[編集]

部活動[編集]

運動部[編集]

  • サッカー部
  • 硬式テニス部
  • 軟式テニス部
  • 陸上部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ハンドボール部
  • 剣道部
  • 柔道部
  • 卓球部

文化部[編集]

  • 吹奏楽部
  • ESS部
  • ボランティア部
  • 囲碁将棋同好会
  • 演劇部
  • 化学部
  • 合唱部
  • 写真部
  • 書道部
  • 生物部
  • 茶華道部
  • 天文部
  • 美術部
  • 物理部
  • 文芸部
  • 放送部
  • 料理部

進路[編集]

卒業生の8割以上の生徒が大学に進学する。 2018年は317名のうち、国公立大へ28名。四年制私立大へ207名、その他短期大学、専門学校などへ進学した。 また地元私立大はじめ首都圏や関西圏の主な大学より指定校推薦を受けている。

教育環境[編集]

授業は1時限50分。月・木曜が7限、火・水・金曜が6限まで、週当たり32時間授業である。 定期テストは年間5回。その他に、実力テスト、オリエンテーションテスト、校外模試などがある。 また2年生から文系と理系に分かれるため、1年生の間に文理選択を行う。

著名な出身者[編集]

周辺[編集]

  • 名古屋市立千年小学校
  • 名古屋市立船方小学校
  • 名古屋千年郵便局

交通手段[編集]

  • 名鉄名古屋本線 神宮前駅下車、駅前「神宮東門」5番バスのりばから名古屋市営バス「幹神宮1」系統で「千年1丁目」下車徒歩1分(神宮前駅から約15分)
  • 地下鉄名城線 伝馬町駅下車、駅前「熱田伝馬町」バスのりばから名古屋市営バス「幹神宮1」系統で「千年1丁目」下車徒歩1分
  • JR東海道本線 熱田駅下車、駅前「熱田駅」バスのりばから名古屋市バス「金山25」系統で「南一番町」下車
  • JR東海道本線・名鉄名古屋本線・地下鉄名城線・名港線 金山駅下車、駅前「金山」バスのりばから名古屋市バス「金山25」系統で「南一番町」下車
  • 地下鉄名港線 東海通駅下車、駅前「東海通」バスのりばから名古屋市バス「幹神宮1」系統で「千年1丁目」下車

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和20年代後半の進学者増に対応した新設県立高校であり、1948年4月に学制改革により旧制の熱田中学校から新制高校となり、同年10月に他3校と統合され瑞陵高等学校となった熱田高等学校の系譜を踏んでいない[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c 立石智保 (2015年8月18日). “戦後70年 熱田高の入学1期生 母校へ 戦争や復興の歴史語る”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 20 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]