瀬戸貴幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瀬戸貴幸 Football pictogram.svg
名前
愛称 taka
ラテン文字 SETO Takayuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年2月5日(29歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 オスマンルスポル
ポジション MF
背番号 48
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2015 ルーマニアの旗 FCアストラ・ジュルジュ 254 (30)
2015- トルコの旗 オスマンルスポル
1. 国内リーグ戦に限る。2015年8月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

瀬戸 貴幸(せと たかゆき、1986年2月5日 - )は愛知県名古屋市出身のサッカー選手。ポジションは守備的ミッドフィールダー

来歴[編集]

小学校時代は名古屋FCでプレーし、全国3位になった[1]愛知県立熱田高等学校卒業後、アルバイトをしながら旅費を貯め、2004年から2005年にかけてブラジルにサッカー留学し[2]コリンチャンスアヴァイFCなどのクラブの練習に参加した[3]。コリンチャンスのトップチームの練習に参加したときにカルロス・テベスジョーと一緒にプレーした[4]。日本帰国後は地域リーグフットサルのクラブでプレーを続けた。

アストラ・ジュルジュ[編集]

2007-08年シーズンに当時ルーマニア3部所属のFCプロイェシュティにテストを経て入団した。チームの中心選手としてリーガ3優勝(セリア3)、リーガ2昇格に貢献した[3]。2008-09年シーズンも2部のシーズンベストイレブンに選出される[5]など主力として活躍してリーガ2を2位(セリア1)で終え、リーガ1昇格を果たした。2009年8月2日のCSパンドゥリイ・トゥルグ・ジウ戦でリーガ1に初出場、同年12月1日のFCオツェルル・ガラツィ戦で初得点を記録した[6]

2010年夏、ヴァルテル・ゼンガ監督のアル・ナスルから2年2億円のオファーが届いたが、アストラに残留した[7]。2010-11年シーズンはシーズン途中から最終戦までキャプテンを務めた。

2011年、コパ・アメリカ2011に海外のクラブに所属する選手のみで出場する案が出たときに日本代表候補になった[8]。2011-12年シーズンは開幕戦スタメン落ちや試合展開によっては前半のみで交代させられるなどキャプテンではなくなっていたが、シーズン中盤以降はキャプテンを任されることが多くなっていた(シーズン序盤も試合によってはキャプテンを任されることもあり、また試合によってキャプテンが頻繁に変わるチーム状況でもあった)。2012年3月にミルチェア・レドニクが監督に就任すると、チーム内投票でキャプテンに選出され、シーズン終了までキャプテンを務めた[9]。同年5月20日、2011-12年シーズン最終節のFCディナモ・ブカレスト戦で外国籍選手として25人目となるリーガ1通算100試合出場を達成した[10]

2012-13年シーズンはリーガ1で過去最高となる7得点を記録し、当時のクラブ史上最高順位だった4位に貢献した。ルーマニア紙プロ・スポルトが発表したシーズンベストイレブンで守備的ミッドフィールダー部門の第3位に選出された[11]

2013-14年シーズン[編集]

2013年7月4日、スロベニアのNKドムジャレ戦でUEFAヨーロッパリーグに初出場した。同年9月23日、第8節のFCチェアラゥル・ピアトラ・ネアムツ戦で下部リーグを含むルーマニアリーグ通算200試合出場を達成した(第2節のFCステアウア・ブカレスト戦が延期されたため、第8節は7試合目だった)。同年夏、セバスティアン・ラザロニ監督のカタールSCから3年2億円のオファーが届いたが、移籍を拒否した[12][13][14][15][16]。この件により、10月以降にスタメンを外されることが増えた[17]。同年冬にはFCアストラ・ジュルジュのオーナーであるヨアン・ニクラエ氏がチームを離れる可能性があることを示唆したが、残留した[18]

同年10月、日本代表が欧州遠征でセルビア戦、ベラルーシ戦を行ったときにザック・ジャパンのスタッフが視察した[12][19]

2013-14年シーズンのアストラはクパ・ロムニエイで初優勝し、在籍7シーズン目で初の主要タイトルを獲得した。

2014-15年シーズン[編集]

2014年7月11日、スーペルクパ・ロムニエイに先発フル出場し、PK戦の2番手を務めた。アストラはFCステアウア・ブカレストに勝利し、2個目の主要タイトルを獲得した[20]

同年夏、2013-14年シーズン後半にACキエーヴォ・ヴェローナからアストラへ期限付き移籍していたパウル・パップの移籍期間を延長する代わりに瀬戸がキエーヴォ・ヴェローナへ移籍する話があったが、パップがイタリアでの挑戦を選択したため、実現しなかった[21](最終的にパップは2014-15年シーズンはステアウア・ブカレストへ期限付き移籍)。同年10月、今夏にJリーグのクラブからオファーが届いていたと報道された[8][19]

同年10月2日、UEFAヨーロッパリーグ 2014-15 グループリーグの第2節レッドブル・ザルツブルク戦でUEFAヨーロッパリーグ本大会初出場を果たし、前半15分にガブリエル・エナケのアシストで初得点を記録した(予選を含めると11試合目)[22][23][24]。ザルツブルク戦前日にはダニエル・イザイラ監督と共に公式記者会見に出席した[25]。アストラが本大会初勝利を記録した第5節のGNKディナモ・ザグレブ戦でサダト・ブカリの決勝ゴールをアシストした[26]。2015年3月1日、第19節のFCブラショヴ戦に先発出場し、リーガ1通算出場試合数を外国人選手歴代単独2位となる175試合に伸ばした。

2015-16年シーズン[編集]

2015年7月30日、UEFAヨーロッパリーグ 2015-16の予選3回戦ウェストハム・ユナイテッド戦の82分にオグボンナの同点オウンゴールを誘発するゴール前へのパスを出し、アウェーゲームの引き分けに貢献した[27]。アストラは2戦合計4-3で勝利した[28]

2007年7月1日からアストラに8年以上在籍し、リーガ1通算出場試合数194試合はカドゥの202試合に次ぐ外国人選手歴代2位である[29]。リーガ1の最終出場試合は、2015年8月9日に行われた第5節のACSポリ・ティミショアラ戦。2015-16年シーズンはアストラで9シーズン目であり、日本人プロサッカー選手として国外の一つのクラブに最も長い期間在籍した。

オスマンルスポル[編集]

2015年8月13日、トルコ1部オスマンルスポルへ移籍した[30][31]。契約期間は3年間[32]。同年8月16日、2015-16年シーズン開幕戦のカイセリスポル戦でスュペル・リグ初出場を果たした[33]

エピソード[編集]

  • ゴール後には片足を上げて子供の名前が刺繍してあるスパイクを指で差すパフォーマンスをする[34]
  • 2009年6月には対戦相手が突然リーグ脱退して不戦勝になる出来事があった[35]
  • 2009年6月に入籍した[36]
  • 好きな選手はジネディーヌ・ジダン。「同じように禿げたいくらい好き」とのこと[3]
  • 熱田高校時代はトップ下やボランチ、ルーマニア3部時代はFW、2部時代の途中から現在のボランチのポジションでプレーしている[37]。戦術やチーム状況によっては、アンカーやセンターバックのポジションでもプレーする。
  • シーズンオフやリーグ中断期間に日本に帰国するとフットサルをしている。

個人成績[編集]

国内大会[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
ルーマニア リーグ戦 リーグ杯 期間通算
2007-08 FCアストラ・ジュルジュ リーガ3 33 7 0 0 33 7
2008-09 リーガ2 27 1 3 1 30 2
2009-10 8 リーガ1 34 3 3 0 37 3
2010-11 33 3 1 0 34 3
2011-12 33 1 2 0 35 1
2012-13 33 7 5 1 38 8
2013-14 24 2 5 0 29 2
2014-15 32 6 0 0 32 6
2015-16 5 0 0 0 5 0
トルコ リーグ戦 トルコ杯 期間通算
2015-16 オスマンルスポル 48 スュペル・リグ
通算 ルーマニア 1部 194 22 16 1 210 23
ルーマニア 2部 27 1 3 1 30 2
ルーマニア 3部 33 7 0 0 33 7
トルコ 1部
総通算 254 30 19 2 273 32

ルーマニアのリーグ杯はクパ・ロムニエイの成績。

その他の公式戦[編集]

国際大会[編集]

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA EL UEFA CL
2013-14 FCアストラ・ジュルジュ 8 7 0 -
2014-15 8 1 -
2015-16 4 0 -
通算 UEFA 19 1 -

所属クラブ[編集]

プロ経歴

タイトル[編集]

アストラ・ジュルジュ

記録[編集]

リーガ1
スュペル・リグ
UEFAヨーロッパリーグ

脚注[編集]

  1. ^ 瀬戸貴幸、日の丸背負うため欧州で/インタビュー”. 日刊スポーツ (2015年8月18日). 2015年8月25日閲覧。
  2. ^ 瀬戸貴幸オフィシャルウェブサイトより。2010年2月26日確認
  3. ^ a b c 近藤篤 「4人の蹴球バガボンド」『Sports Graphic Number』765号、文藝春秋、2010年、46-49頁。
  4. ^ a b 瀬戸貴幸「日本代表としてブラジルに戻りたい」 | サッカーナビ
  5. ^ オフィシャルブログ2009年7月25日付けの記事より
  6. ^ a b c Debut(初出場)/Biografie(初得点) - Takayuki Seto”. LPF: Liga profesionista de fotbal din Romania. 2015年3月14日閲覧。(ルーマニア語)
  7. ^ “東欧の苦労人”瀬戸 サウジから2億円オファー”. スポーツニッポン (2010年5月19日). 2014年10月8日閲覧。
  8. ^ a b ルーマニアの28歳苦労人瀬戸が欧州L初弾”. nikkansports.com (2014年10月4日). 2014年10月5日閲覧。
  9. ^ x Ludogorets (0-1)”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ (2012年6月26日). 2013年12月11日閲覧。
  10. ^ スポーツナビ 2012年5月23日の記事より
  11. ^ Echipa sezonului în Liga 1”. ProSport (2013年6月11日). 2013年12月30日閲覧。
  12. ^ a b 知られざる欧州組・瀬戸貴幸がELへ。2億円を蹴った男のルーマニアでの夢。”. Number Web (2014年9月18日). 2014年10月5日閲覧。
  13. ^ ルーマニア1部の瀬戸 カタール名門から巨額オファー”. スポニチ (2013年8月21日). 2013年12月6日閲覧。
  14. ^ 今季前半”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ 「ENJOY FOOTBALL」 (2013年12月27日). 2013年12月28日閲覧。
  15. ^ Seto ar putea pleca de la Astra: "Avem o ofertă interesantă!" Ce ţinte de transfer au giurgiuvenii”. ProSport (2013年7月18日). 2013年12月5日閲覧。
  16. ^ Takayuki refuză petrodolarii arabilor: "Dacă aş fi vrut bani nu veneam pe 250 de euro lunar la Astra" » Visul japonezului”. GSP.RO (2013年8月7日). 2013年12月5日閲覧。
  17. ^ 上を目指し続けるサムライ・フットボーラー 瀬戸貴幸の挑戦”. サッカーマガジンゾーンウェブ (2014年10月25日). 2014年10月27日閲覧。
  18. ^ Mai ţine Astra pasul din primăvară? Seto şi Găman, aproape să se transfere”. ProSport (2013年12月30日). 2013年12月31日閲覧。
  19. ^ a b 「知られざる海外日本人」瀬戸貴幸の冒険”. スポーツナビ (2014年10月27日). 2014年10月27日閲覧。
  20. ^ ASTRA GIURGIU A CÂȘTIGAT SUPERCUPA ROMÂNIEI TIMIȘOREANA”. FRF (2014年7月12日). 2015年8月14日閲覧。(ルーマニア語)
  21. ^ 瀬戸貴幸の価値”. FOOTBALL VISON(柴村直弥) (2015年5月4日). 2015年8月12日閲覧。
  22. ^ 瀬戸がELでゴールもアストラは逆転負け”. Goal.com (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  23. ^ UEL x Salzburg (1-2)”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  24. ^ UEFA Europa League 2015 - Astra-Salzburg”. UEFA.com (2014年10月2日). 2014年10月3日閲覧。
  25. ^ VIDEO Astra speră la prima victorie în grupele UEL. Isăilă: "Jocul cu Steaua îmi dă mari speranțe!"”. Digi Sport.ro (2014年10月1日). 2014年10月3日閲覧。
  26. ^ 瀬戸が決勝アシスト アストラ初勝利”. nikkansports.com (2014年11月28日). 2015年1月18日閲覧。
  27. ^ 瀬戸同点OG誘発 アストラがウェストハムとドロー”. 日刊スポーツ (2015年7月31日). 2015年8月13日閲覧。
  28. ^ EL 麻也フル出場サウサンプトン快勝、瀬戸所属アストラもPOへ”. ゲキサカ (2015年8月7日). 2015年8月13日閲覧。
  29. ^ A plecat cel mai vechi » După mai bine de 8 ani petrecuți la Astra, Takayuki a plecat la Osmanlispor, unde va fi coleg cu Torje”. gsp.ro (2015年8月12日). 2015年8月13日閲覧。(ルーマニア語)
  30. ^ Mulţumim Seto Takayuki!”. AFC Astra Giurgiu (2015年8月13日). 2015年8月13日閲覧。(ルーマニア語)
  31. ^ 発表‼️”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ (2015年8月15日). 2015年8月15日閲覧。
  32. ^ Takayuki Seto”. Osmanlıspor Futbol Kulübü. 2015年8月15日閲覧。(トルコ語)
  33. ^ リーグ第1節 x Kayserispor (1-1)”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。
  34. ^ パフォーマンスの意味”. 瀬戸貴幸 オフィシャルブログ 「ENJOY FOOTBALL」 (2012年11月13日). 2014年1月2日閲覧。
  35. ^ オフィシャルブログ2009年6月4日付けの記事より
  36. ^ オフィシャルブログ2009年6月24日付けの記事より
  37. ^ 東欧のサムライ熱戦記 by 瀬戸貴幸 「ルーマニアより、はじめまして! 」 - ゲキサカ
  38. ^ Takayuki Seto”. UEFA.com. 2015年6月20日閲覧。(英語)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]