恐怖の四季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

恐怖の四季』(きょうふのしき、Different Seasons)は、スティーヴン・キング1982年に発表した中篇作品集。

本書に収められている作品は、それ以前のキングの作品と比べてホラー要素が薄いものばかりである。本書の原題はホラーではないことを意識して名付けられており、本来ならば「それぞれの季節」などと翻訳されるべきである。デビュー以後、キングは常に「通俗的なホラー小説家」としてのレッテルを貼られてきた。このことは商業的にも重要な意味を持っており、本書の出版に関しても各方面で葛藤があったことを匂わせている。日本語版のタイトルが『恐怖の四季』であるのも、日本国内におけるキングのイメージを重視した結果であると推察されるが、確証はない。

収録作品[編集]

備考[編集]

  • 収録作品のうち、『マンハッタンの奇譚クラブ』を除く全てが映画化されている。特に『スタンド・バイ・ミー英語版』(映画『スタンド・バイ・ミー』の原作)と、『刑務所のリタ・ヘイワース』(映画『ショーシャンクの空に』の原作)は日本でも非常に高い評価を得ている。
  • 収録作品の執筆時期は分散しているが、どれも長編を書き上げた後の余力で認められたものである。特に『ゴールデンボーイ』は『シャイニング』の脱稿後2週間で完成させている。また、収録作品は全て異なる家で執筆されたというエピソードを持つ。
  • 『刑務所のリタ・ヘイワース』の主人公であるアンディ・デュフレーンは、銀行家時代に『ゴールデンボーイ』に登場するクルト・ドゥサンダーの投資コンサルティングを務めていた。
  • 『マンハッタンの奇譚クラブ』に登場する奇妙なクラブは、短編小説『握手しない男』(骸骨乗組員収録)にも登場する。
  • 『スタンド・バイ・ミー』の舞台はキング読者にはおなじみのメイン州キャッスルロックである。舞台を同じくする『ニードフル・シングス』では、老いたエース・メリルが当時のゴードン・ラチャンスらを回想する描写がある。また、作中においてゴードンが披露する物語は若き日のキングの習作である。
  • キングは後に『骸骨乗組員』の後書きにおいて『ゴールデンボーイ』は自らの持病である「文学的象皮病」の典型的な症例であったと語っている。
  • 「スタンド・バイ・ミー」でクリスを刺殺した犯人はショーシャンク刑務所から出所してきたばかりだった。

日本語版出版情報[編集]