岩倉具忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 具忠(いわくら ともただ、1933年9月10日 - 2016年2月13日[1])は、日本のイタリア語学者・イタリア文学者。専門は、イタリア語史・ダンテ研究・比較文化史[2]京都大学名誉教授文学博士(京都大学、1988年)[3]

経歴[編集]

岩倉具視の5代目の子孫。公爵岩倉具栄の長男。母は伯爵藤堂高紹の長女。

東京府生まれ。1946年学習院初等科卒業1949年学習院中等科卒業1952年学習院高等科卒業1953年学習院大学経済学部入学。1955年京都大学文学部編入学1957年京都大学文学部イタリア文学科卒業。1959年、同大学院修士課程修了。同年9月、イタリア政府留学生として、フィレンツェ大学ブルーノ・ミリオリーニイタリア語版のもとでイタリア語史を学ぶ。1961年9月に帰国。1962年京都大学大学院博士課程を修了し、外務省所管の民間法人である国際文化振興会1972年以降は特殊法人国際交流基金)に勤務。1964年5月4日河野文彦(当時三菱日本重工社長)の次女と結婚。夫婦でローマ日本文化会館に勤務。1970年4月にローマより帰国。1975年に国際交流基金を辞し、京都大学文学部イタリア文学科助教授、1988年に教授に昇進。1992年から93年まで駐イタリア公使・ローマ日本文化会館館長を務めた[1]

1997年に京都大学を定年退官。その後、京都外国語大学教授2005年より霞会館理事。

2016年2月13日に死去[1]。82歳だった。

著訳書[編集]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ブルーノ・ミリオリーニ『現代イタリア語の話』鹿島研究所出版会、1970年
  • 『古代ローマ喜劇全集 第1巻 - プラウトゥス1』(鈴木一郎との共訳)東京大学出版会、1975年
  • ドニゼッティ『歌劇ラ・ファヴォリータ』NHK出版〈オペラ対訳選書10〉、1976年
  • 『古代ローマ喜劇全集 第3巻 - プラウトゥス3』(鈴木一郎・安富良之との共訳)東京大学出版会、1977年
  • 『ダンテ俗語詩論』(訳・注解)東海大学出版会〈東海大学古典叢書〉、1984年
  • カスティリオーネ『宮廷人』(清水純一天野恵との共訳註)東海大学出版会〈東海大学古典叢書〉、1987年
  • ピーター・バークヴィーコ入門』(岩倉翔子との共訳)名古屋大学出版会、1992年
  • 『マキァヴェッリ全集4 - マンドラーゴラほか』(訳者代表)筑摩書房、1999年
  • ヴェスパシアーノ・ダ・ビスティッチ『ルネサンスを彩った人びと - ある書籍商の残した『列伝』』(岩倉翔子・天野恵との共訳)臨川書店、2000年
  • ジュゼッペ・パトータ『イタリア語の起源 - 歴史文法入門』(監修)(橋本勝雄・訳)京都大学学術出版会、2007年

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『岩倉具栄とその時代』同刊行会編、1980年
  • 岩倉 具忠”. ReaD & Researchmap. 2013年12月23日閲覧。