米川良夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米川 良夫(よねかわ りょうふ、1931年7月19日 - 2006年4月27日)は、日本のイタリア文学者・翻訳家國學院大學名誉教授

人物[編集]

ロシア文学者米川正夫の五男として東京に生まれる。名前が「よしお」ではなく「りょうふ」なのは、父正夫が当時レフ・トルストイの全集を翻訳していたことに因む[1](ロシア語のЛев(レフ)はЛёв(リョーフ)とも発音されるため)。早稲田大学仏文科在学中、学生運動に熱中したため、卒業後、母の発議によりフランスに遊学[2]パリで2年あまり仏語仏文学を学んでいたが、第二外国語として研究していたイタリア語に惹かれるに至り、ローマに移って伊文学を研究、伊文学者となった。訳書にイタロ・カルヴィーノ『木のぼり男爵』、チェーザレ・パヴェーゼ『月とかがり火』などがある。

2006年4月27日肺癌のため死去した。享年71。

三兄の米川哲夫はロシア文学者・ロシア近代史家、四兄の米川和夫はロシア文学者・ポーランド文学者。 叔母の米川文子は箏曲家(生田流)、人間国宝。

作品[編集]

編著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

単行本[編集]

叢書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米川正夫『鈍・根・才 米川正夫自伝』p.176(日本図書センター、1997年)
  2. ^ 米川正夫『鈍・根・才 米川正夫自伝』p.245(日本図書センター、1997年)