ディーノ・ブッツァーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディーノ・ブッツァーティ
Dino Buzzati
誕生 1906年10月16日
サン・ペッレグリーノ
死没 (1972-01-28) 1972年1月28日(65歳没)
ミラノ
職業 小説家、ジャーナリスト、漫画家
国籍 イタリアの旗 イタリア
ジャンル マジックリアリズム
代表作 タタール人の砂漠
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ディーノ・ブッツァーティ・トラヴェルソ(Dino Buzzati-Traverso、1906年10月16日 - 1972年1月28日)は、イタリア人の作家、短編小説家、画家、詩人。コリエーレ・デラ・セラの記者でもあった。ブッツァーティの世界的な名声は、主に彼の著作「タタール人の砂漠」に負うところが大きい。しかし同時に彼は、好評を博した短編集でも有名である。短編集 Sessanta racconti で1958年にストレーガ賞を受賞している。そのほか、舞台美術、評論、漫画も手がける。

彼は、イタロ・カルヴィーノと並んで20世紀イタリア文学を代表する作家である。幻想的、不条理な作風からイタリアのカフカと称されることがある。

生涯[編集]

ブッツァーティは、彼の先祖が過ごしてきた町、北イタリアのベッルーノの近くの町サン・ペレグリッノに生まれた。ブッツァーティの母はヴェネチア生まれで獣医をしていた。また、父親は、古代から続くベッルーノ家の出身で国際法の教授だった。ブッツァーティは四人兄弟の二番目の子である。兄弟のうちの一人は有名なイタリア人遺伝学者のアドリアノ・ブッツァーティ・トラヴェルソである。1924年、ブッツァーティはミラノ大学法学部に入学、1928年に卒業。在学中、二年間の兵役に就く。この大学では、かつて彼の父親が教鞭を取ったことがあった(法学者である父ジュリオ・チェーザレは1920年に亡くなっている)。法学部の卒業も間近かとなった頃、22歳の時に、ブッツァーティはミラノの新聞「コリエーレ・デラ・セラ」に雇われ、働くことになった。(結局彼は死ぬまでこの新聞社に残ることになる。)最初は校正部で働いたのだが、後にはレポーターや特別特派員、エッセイスト、編集者、批評家として働くようになった。彼の記者としての背景があったからこそ彼の作風ができあがり、さらには、最も現実離れした作品にすら現実的な雰囲気が見い出されることになったのだと言われている。

ブッツァーティ本人は、その影響について下記のように述べている(ローレンス・ヴェヌーティの引用による)。

「私には、空想や夢想というものは、できる限り新聞や雑誌の記事と同じものになるべきだと思われる。実際のところは少しはそうした要素が含まれているとしても、適切なのは『陳腐なものにする』という言葉ではない。むしろ、夢想的な物語の『有効性』は、それが最も平易かつ実用的な言葉で語られることにあると言いたい」[1]

1933年に刊行された処女小説 Barnabo delle montagne はほとんど注目されなかった。第二次大戦中、ブッツァーティはレジャ・マリナ(=海軍)付きの記者としてアフリカにいた。1939年に特派員としてエチオピアに派遣され、1940年には従軍記者として巡洋艦に乗りマタパン岬沖海戦やシルテ湾海戦などを報道したのである。戦争終結後、「タタール人の砂漠」がイタリア全土で刊行され、ブッツァーティはあっという間に批評家に認められ、名声を得ることとなった。また、短編集『七人の使者』(1942年)も高い評価を受ける。1950年代は『七人の使者』に収められている短編「七階」の戯曲化、ストレーガ賞の受賞、と成功を手にした時期である。また、ミラノで個展も開催された。1964年、ブッツァーティはアルメラ・アントニアッツィと結婚する。この結婚によって、彼の最後の作品「ある愛」が生み出されることになった。ブッツァーティは長い病の後、1972年に癌で亡くなった。

作品の要約[編集]

ブッツァーティは1933年に物語を書き始めた。彼の物語作品には、小説が五編、劇場やラジオ劇のための脚本、リブレット・オペラの台本、多数の短編小説、そして詩作などがある。彼のリブレット・オペラには、ルシアーノ・チャイリーのオペラ用に四編、ジュリオ・ヴィオッツィのオペラ「ラ・ジャッカ・ダナータ」用に一編がある。

ブッツァーティは童話も書いている。「クマたちの有名なシシリー島侵入の話」である。2005年の英語版では、レモニー・スニケット(=ダニエル・ハンドラー)が導入部分と読者の手引きを書いている。

ブッツァーティは芸術家として称讃を受け、作品を公にしている。そうした自分の芸術的成果と作家としての成果を組み合わせ、オルフェウスの神話を下敷きにしてマンガ「コミックの素晴らしさ」を創作した。

「タタール人の砂漠」は彼の小説の中で最も有名なものだが、タタール人の侵入を待ち構えている軍隊の駐屯地の物語である。物語の中の心情についてもまた結末に関しても、実存主義者の作品、特にアルベール・カミュの「シーシュポスの神話」と比較されてきた[2]

彼の著作は時おり「魔術的現実主義」「社会的疎外」として引用されることがある。そして、「環境」と「野放図な技術的進歩に直面しての空想・夢想」、こうした事柄の行く末が、何度も繰り返されるテーマとなっている。彼はまたいろいろな短編小説-その中で悪い子どもをさらって行く小鬼といった想像上の生き物や、自分自身の発明したコロンバーを取り上げている-を書いている。

著作[編集]

長編小説[編集]

  • 『山のバルナボ』Barnabo delle montagne, 1933
  • 『古森の秘密』Il segreto del Bosco Vecchio, 1935
  • 『タタール人の砂漠』(Il deserto dei Tartari, 1940)
  • 『偉大なる幻影』(Il grande ritratto, 1960)
  • 『ある愛』(Un amore, 1963)

短編集[編集]

  • 「七人の使者」(I sette messaggeri, 1942)
  • 「スカラ座の恐怖」(Paura alla Scala, 1949)
  • 「バリヴェルナ荘の崩壊」(Il crollo della Baliverna, 1954)
  • Esperimento di magia, 1958
  • Sessanta racconti, 1958
  • 「海獣コロンブレ」(Il colombre, 1966)
  • La boutique del mistero, 1968
  • 180 racconti, 1982
  • mi chiamo Dino Buzzati, 1988
  • Il meglio dei racconti, 1989
  • Lo strano Natale di Mr. Scrooge e altre storie, 1990

ジャーナリズム[編集]

その他[編集]

  • 童話『シチリアを征服したクマ王国の物語』(La famosa invasione degli orsi in Sicilia, 1945)
  • 詩集、評論など多数

邦訳[編集]

  • 『タタール人の砂漠』奥野拓哉訳『世界文学全集 20世紀の文学 第33 (パヴェーゼ,ブッツァーティ,モラーヴィア)』集英社 1966
    • 『タタール人の砂漠』松籟社脇功訳、1992年 岩波文庫、2013
  • 『古森のひみつ』川端則子訳 岩波少年文庫 2016
  • 『古森の秘密』長野徹訳 東宣出版「はじめて出逢う世界のおはなし」シリーズ 2016
  • 『ある愛』脇功,在里寛司訳 河出書房新社 1969 今日の海外小説
  • 『偉大なる幻影』脇功,松谷健二早川書房、1968年
偉大なる幻影/スカラ座の恐怖/戦艦“死(トード)”
  • 『七人の使者 ブッツァーティ短編集』河出書房新社、脇功訳、1974年
七人の使者/大護送隊襲撃/七階/それでも戸を叩く/マント/竜退治/Lで始まるもの/水滴/神を見た犬/なにかが起こった/山崩れ/円盤が舞い下りた/道路開通式/急行列車/聖者たち/自動車のペスト
童話。2008年 福音館文庫 ISBN 978-4834023527
階段の悪夢/クレシェンド/ちょうちょう/モザイク/チクタク/都市の些事/中古車/変化/二人噺/今風の楽しみ/イカルス/発明/光の速さ/動物説話/疎外/強調法/大変なパーティ/時間のほつれ/恋文/小さなミステリー/波頭に乗って/年老いた非合法活動家たち/象皮病/満月/翼の生えた妻
  • 『待っていたのは 短編集』河出書房新社、脇功訳、1992年 ISBN 978-4309201887
夕闇の迫るころ/忘れられた女の子/夜の苦悩/鼠/バリヴェルナ荘の崩壊/世界の終わり/戦さの歌/アナゴールの城壁/人間の偉大さ/待っていたのは/水素爆弾/時を止めた機械/友だち/クリスマスの物語/冒涜
石の幻影/海獣コロンブレ/一九八〇年の教訓/誤報が招いた死/謙虚な司祭/拝啓新聞社主幹殿
天地創造/コロンブレ/アインシュタインとの約束/戦の歌/七階/聖人たち/グランドホテルの廊下/神を見た犬/風船/護送大隊襲撃/呪われた背広/一九八〇年の教訓/秘密兵器/小さな暴君/天国からの脱落/わずらわしい男/病院というところ/驕らぬ心/クリスマスの物語/マジシャン/戦艦《死(トート)》
  • 『夜の挿話 (エピソード) ディーノ・ブッツァーティ作品集』香川真澄訳 イタリア文藝叢書刊行委員会 2012
  • 『絵物語』長野徹訳 東宣出版 2016
  • 『古森の秘密 はじめて出逢う世界のおはなし』長野徹訳 東宣出版 2016
  • 『魔法にかかった男 ブッツァーティ短篇集』長野徹訳 東宣出版 2017

脚注[編集]

  1. ^ Restless Nights - Selected Stories of Dino Buzzati (Introduction by L. Venuti) (North Point Press, 1983)
  2. ^ Sem' Gontsov (Introduction by E. Ambartsumov) (Izvestiya Press, 1985)

関連項目[編集]