岩倉具栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家族とともに(1949年)

岩倉 具栄(いわくら ともひで、1904年2月8日 - 1978年11月2日)は、東京府出身の英文学者貴族院議員。法政大学教授D・H・ローレンスの研究者。勲等は勲三等。その他の栄典藍綬褒章爵位公爵(華族制度廃止まで)。

生涯[編集]

公爵岩倉具張の長男として、東京市上目黒の西郷従徳邸に誕生。当時、父は東京帝国大学の学生だった。父方の曾祖父は岩倉具視で母方の祖父は西郷従道。東京市麹町区に育つ。

父具張が投機に失敗して多額の負債を作ったため、責任を取って官職を辞し、1914年8月29日に隠居[1]。このため、1914年9月5日、学習院初等科5年在学中の具栄が公爵の爵位を継承[2]クリスチャンである母の感化により洗礼を受け、キリスト教の影響を受けて育つ。東京府立第一中学校在学中、小川未明室生犀星久米正雄谷崎潤一郎国木田独歩ツルゲーネフなどを愛読。第一高等学校文科甲類を経て、1924年東京帝国大学法学部政治学科入学。大学の入試対策で研究社の英文学叢書、なかんずくウォルター・ペイターの『ルネッサンス』を読んだことがきっかけで英文学に傾倒。大学在学中は法科の学問が肌に合わず、ソローサッカレーなど文学書を愛読。文科に進まなかったことを後悔した。1927年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。具栄の志は英文学研究にあったが、家庭の事情によって内務省に入り、社会局労働課の無給嘱託となる。同年秋、高等文官試験を受験したが1点足らずで不合格。1928年11月から帝室林野局の属官となる。この頃、小説家を志して谷崎精二への入門を考えた。

1933年3月29日、妹靖子が左翼活動による治安維持法違反の容疑で逮捕投獄され、同年7月1日に起訴。このため、同年7月13日、具栄は責任を取って帝室林野局を辞職。以後は英文学翻訳の道に進む。同年12月18日、靖子は保釈されたが、同年12月21日、剃刀で頸動脈を切って自殺を遂げた。

この事件で大きな衝撃を受けた具栄は数ヶ月間を茫然自失して過ごす。1934年から貴族院議員。恩賜財団済生会に勤務する傍ら翻訳を続け、1935年キャサリン・マンスフィールド短篇集『理想の家族』を東京精神分析学研究所出版部から刊行。1941年太平洋協会理事に就任。1944年、民族学協会理事に就任。

1947年野上豊一郎の世話により法政大学予科講師となる。同年、日本国憲法施行に伴って爵位を失う。1948年、法政大学予科教授となる。1969年、法政大学を定年退職。1970年から大東文化大学教授。1976年藍綬褒章を受ける。

1978年11月2日霞会館会員食堂にて昼食中、脳溢血で急死。74歳。同年12月、生前の功によって勲三等に叙され、旭日中綬章を受けた。

逸話[編集]

係累[編集]

妻良子(よしこ)は伯爵藤堂高紹の長女。長男の岩倉具忠はイタリア文学者で京都大学教授。次男の岩倉具房は株式会社ウテナ社長。

著書[編集]

  • 戦時人口政策 慶文堂書店 1941年
  • 『大東亜建設と植民政策』八木書店、1942年
  • 随筆集『南国の日射し』霞ヶ関書房、1942年

訳書[編集]

編著[編集]

  • 『岩倉宮内大臣集』明玄書房、1960年
  • 『岩倉贈太政大臣集』中央公論事業出版、1968年

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第629号(大正3年9月4日)によれば、隠居は9月1日で同日に届出が行われている。
  2. ^ 『官報』第631号、大正3年9月7日。
  3. ^ 『岩倉具栄とその時代』pp.431-432 同刊行会編、1980年

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
岩倉具張
公爵
岩倉家第3代
1914年 - 1947年
次代:
華族制廃止