小俣駅 (栃木県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小俣駅
OmataStationRyomoLine.JPG
駅舎
おまた
Omata
桐生 (5.6 km)
(4.6 km) 山前
所在地 栃木県足利市小俣町682
北緯36度22分30.78秒 東経139度22分26.56秒 / 北緯36.3752167度 東経139.3740444度 / 36.3752167; 139.3740444座標: 北緯36度22分30.78秒 東経139度22分26.56秒 / 北緯36.3752167度 東経139.3740444度 / 36.3752167; 139.3740444
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 両毛線
キロ程 47.3 km(小山起点)
電報略号 マタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
485人/日(降車客含まず)
-2002年(平成14年)-
開業年月日 1889年明治22年)10月10日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

小俣駅(おまたえき)は、栃木県足利市小俣町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線である[1]

栃木県最西端の駅である[1]

歴史[編集]

改築前の駅舎

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な地上駅である[1]

足利駅管理の無人駅[1]。簡易Suica改札機および簡易自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 両毛線 上り 桐生前橋高崎方面
2 下り 足利栃木小山方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

JR東日本によると、2000年度(平成12年度)- 2002年度(平成14年度)の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 593 [3]
2001年(平成13年) 540 [4]
2002年(平成14年) 485 [5]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 足利市生活路線バス(2011年6月30日まで)
    • やまなみ号(小俣・行道線)
      • 10系統(小俣北町方面)
      • 11系統(山前駅前-東武足利市駅-市民プラザ-JR-足利学校前-行道山方面)
  • 足利市生活路線バス(2011年7月1日から)
    • 小俣線
      • 10系統(上り): 小俣公園入口‐足利西プラザ-足工大前‐足利赤十字病院-市役所前-東武足利市駅-アピタ方面
      • 10系統(下り): 小俣公民館前‐鶏足寺前‐小俣北町方面

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
両毛線
桐生駅 - 小俣駅 - 山前駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊 JR全駅・全車両基地』12号 大宮駅・野辺山駅・川原湯温泉駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年10月28日、22頁。
  2. ^ “両毛線生みの親、木村半兵衛の功績知って 足利・小俣駅前に顕彰板”. 産経ニュース (産経新聞). (2019年1月31日). https://www.sankei.com/region/news/190130/rgn1901300028-n1.html 2019年1月30日閲覧。 
  3. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月21日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]