岩舟駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩舟駅*
駅舎(2012年10月)
駅舎(2012年10月)
いわふね
Iwafune
佐野 (7.3km)
(4.1km) 大平下
所在地 栃木県栃木市岩舟町静
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 両毛線
キロ程 19.3km(小山起点)
電報略号 イフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
570人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1889年明治22年)10月10日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1902年に岩船駅から改称。
テンプレートを表示

岩舟駅(いわふねえき)は、栃木県栃木市岩舟町静にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線である。

歴史[編集]

改築前の駅舎(1996年10月06日)

かつては当駅から石材輸送も行っていた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

足利駅管理の無人駅である。簡易Suica改札機、簡易自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 両毛線 下り 栃木小山方面  
2・3 両毛線 上り 佐野桐生高崎方面 2番線は一部列車のみ

上り定期列車は主に3番線、下り定期列車は全て1番線発着する。2番線は上下共用の待避線であるが、発着する定期列車は12:29発の上り桐生行(毎日運行)の列車のみ。その他は佐野止まりの臨時列車の引き上げ線や団体臨時列車や、配給列車、回送列車の待避線として使用される。

利用状況[編集]

  • 「栃木県統計年鑑」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。
    • 両毛線の駅では、18駅中第16位。栃木県内の両毛線の駅では、10駅中第8位である。(2002年度)
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 712
2001 662
2002 638
2008 595
2009 573
2010 556
2011 570

駅周辺[編集]

岩船石の資料館

バス路線[編集]

  • 栃木市営バス
    • 岩舟線 道の駅みかも - 本郷公民館前 - 茂呂本郷西 - 岩舟駅 - 静和駅入口 - かがやき前 - ゆうゆうプラザ - とちぎメディカルセンターしもつが - 栃木駅南口 - とちぎメディカルセンターしもつが - カインズモール太平 - ぶどう団地入口 - おおひら歴史民俗資料館前 - 立花丁字路 - 遊楽々館 - 道の駅みかも
    • 岩舟線 道の駅みかも - 本郷公民館前 - 茂呂本郷西 - 岩舟駅 - 静和駅入口 - かがやき前 - ゆうゆうプラザ - とちぎメディカルセンターしもつが - 栃木駅南口
    • 藤岡線 東武新大平下駅・プラッツおおひら - ゆうゆうプラザ - 荒町公民館前 - 真弓南部公民館前 - 白沢電気前 - 栃木駅南口 - 栃木翔南高校入口 - 足利銀行大平支店 - カインズモール太平 - JR大平下駅 - 東武新大平下駅・プラッツおおひら - 足利銀行大平支店前 - ローソン大平バイパス店前 - 岩舟静和郵便局北 - 静和駅入口 - 岩舟静和郵便局前 - 岩舟駅 - 岩舟総合支所前 - 藤岡総合支所前 - 原向高間公民館前 - 篠山 - 道の駅きたかわべ(平日)谷中湖(土・日・祝)
    • 藤岡線 東武新大平下駅・プラッツおおひら - ゆうゆうプラザ - 荒町公民館前 - 真弓南部公民館前 - 白沢電気前 - 栃木駅南口 - 栃木翔南高校入口 - 足利銀行大平支店 - カインズモール太平 - JR大平下駅 - 東武新大平下駅・プラッツおおひら - 足利銀行大平支店前 - ローソン大平バイパス店前 - 岩舟静和郵便局北 - 静和駅入口 - 岩舟静和郵便局前 - 岩舟駅 - 岩舟総合支所前 - 藤岡総合支所前 - 原向高間公民館前 - 篠山
    • 藤岡線 栃木駅南口 - 栃木翔南高校入口 - 足利銀行大平支店 - カインズモール太平 - JR大平下駅 - 東武新大平下駅・プラッツおおひら - 足利銀行大平支店前 - ローソン大平バイパス店前 - 岩舟静和郵便局北 - 静和駅入口 - 岩舟静和郵便局前 - 岩舟駅 - 岩舟総合支所前 - 藤岡総合支所前 - 原向高間公民館前 - 篠山
    • 藤岡線 東武新大平下駅・プラッツおおひら - 足利銀行大平支店前 - ローソン大平バイパス店前 - 岩舟静和郵便局北 - 静和駅入口 - 岩舟静和郵便局前 - 岩舟駅 - 岩舟総合支所前 - 藤岡総合支所前 - 原向高間公民館前 - 篠山

その他[編集]

映画のポスターにもなった駅前の風景
  • 映画「秒速5センチメートル」に、岩舟駅が登場した。作品のイメージが平成初期のため、作中の第一話「桜花抄」における駅舎のシーンには駅員が存在する。現在はストーブも観光案内パンフレットも無く、ベンチのみの無人駅である。
  • 同じく映画「花とアリス」の冒頭にも登場する。
  • 大正時代の駅及び跨線橋は現在よりも東側にあった[1]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
両毛線
佐野駅 - 岩舟駅 - 大平下駅

脚注[編集]

  1. ^ 岩舟町町制施行40周年 記念要覧2002p33

関連項目[編集]

外部リンク[編集]