太極拳法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太極拳法(たいきょくけんぽう)は、張三豊が創始し、武当山において道家の間において修行されていたとされる拳法。武当内家拳とも、武当拳法・武当太極とも呼ばれる。 現在においても、張三豊が門人に伝えたものが、進展変化や発展分解して流派を創出したり、残存する武当派において伝承されているとする説もある[1]

映画《太极张三丰》において、張三豊の太極拳法をジェット・リーが再現して表演している[2]

概説[編集]

太極拳論』、『太極拳釋名』、『十三勢歌』(一名『十三勢行功歌』)、『打手歌』の著者である王宗岳張三豊の太極拳法を蒋発に伝えたとする説があるが[3]張三豊の武術は内家拳法であり、伝承者には王宗・陳州同・張松渓・葉近泉・王征南・黄百家がいるとされ[4]、映画《太极张三丰》において、張三豊の武術を太極拳法であるとしているところから、内家拳法と太極拳法は同じものである可能性がある。

王征南の内家拳法は、現在行われている太極拳とは技法的には全く別のものであるが[5]内家拳法技法を詳細に分析研究すると現在の太極拳の源流である可能性が高いとする説もある[6]内家拳法は技法においては点穴術を重視している[7]

陳家溝陳長興楊家太極拳の創始者の楊露禅に陳家溝に伝わる拳法を伝授した[8]。後にその拳法は改編されながら、楊露禅の孫である楊澄甫により太極拳と名付けられた武術となり、それを受けて陳氏らも自らの拳法を陳家太極拳と呼び始めたとされている[9]

武当太極[編集]

武当太極は、以柔克剛(柔をもって剛を制す)、以四两拔斤(小さな力で大きな効果を出す)、そして后发先制(後の先=相手の動きの後に動いて制する)という発想に基づいた武術である。 修行においては、現在行われている太極拳のような単純な套路だけではなく、両儀太極、無極の3種類の異なる段階の拳技や、巧法を、初級から高級までの段階で、動静、内外を兼ね備えて修行すると言う[10]

武当派太極拳法で残存しているものの1つとして、楊露禅に伝わった楊氏太極拳法などがあるとする説もある[11]

内家拳法の技法[編集]

技法は、「手法」、「歩法」、「技法」、「套路」および「経穴」に関する重要な規定がある。その技術的内容は以上の五つの要素から構成されている。経穴は死穴・唖穴・暈穴・咳穴・膀胱・蝦蟆・猿跳・曲池・鎮喉・解頭・合谷内関三里の穴位を攻めるとされている。

歩法は斫や削などといった手の動作を示す「手法三十五」と、碾歩や坐馬歩といった足 の動きを表す「歩法十八」がある。現在の太極拳と共通するものとして、歩法では、「碾歩、冲歩、撒歩、曲歩、蹋歩、斂歩、坐馬歩、釣馬歩、翻身歩、追步、逼歩、斜歩、絞花歩」、手法では「斫 、削、磕、靠、抹、敲、揺、擺、撒、挑、綰、衝、鈎、拈、起、倒、圧、発、挿、釣」などがある。

技術には長拳、迎風鉄扇、舜子投井、猿猴献果、兌換抱月、滿肚疼、金剛跌、燕抬腮、滾斫、分心十字、擺肘逼門、棄物投先、推肘捕陰、彎心杵肋、綰肘裏靠、仙人昭掌、彎弓大步、剪腕点節、紅霞貫日、烏雲掩月、左右揚鞭、連枝剪、双推窗、虎抱頭、鉄門閂、柳穿魚、一提金、双架筆、順牽羊、乱 抽麻、四把腰などの独立した招式がある。

套路には六路として、祐神通臂為最高、斗門深鎖転英豪、仙人立起朝天勢、撒出抱月不相饒、揚鞭左右人難及、煞鎚衝擄兩翅搖、十段錦として立起座山虎勢、迴身急步三追、架起双刀斂步、滾斫進退三迴、分身十字急三追、架刀斫帰営寨、紐拳碾步勢如初、滾斫退帰原路、入步韜随前進、滾斫歸初飛步、金鶏独立緊攀弓、坐馬四平兩顧がある[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]中文百科・互动百科/武当内家拳の武当内家拳 - 武当拳法の項
  2. ^ [2]中文百科・互动百科/《太极张三丰》 - 影片概述の項
  3. ^ [3]中文百科・互动百科/侯氏太極拳 - 歴史の項
  4. ^ 王征南墓志銘黄宗羲
  5. ^ 「太極拳技法」笠尾 恭二 ISBN 978-4885746260 12頁左段
  6. ^ [4]「博士論文・養生武術の形成過程に関する研究/119頁〜131頁・第二項 内家拳法の技法と「拳経」及び太極拳との関係から」屈国鋒(筑波大学人間総合科学研究科)
  7. ^ 王征南墓志銘張三豊の弟子である王征南が、拳法において、死穴、晕穴、哑穴、などを撃することが大切であると記されている。
  8. ^ 「太極拳技法」笠尾 恭二 ISBN 978-4885746260 15頁から17頁
  9. ^ [5]「博士論文・養生武術の形成過程に関する研究/223頁〜227頁・第三項 陳王廷と戚継光及び王征南の関係から」屈国鋒(筑波大学人間総合科学研究科)
  10. ^ [6]中文百科・互动百科/武当内家拳の武当内家拳 - 武当太极の項
  11. ^ 「李雅軒楊氏太極拳法精解」陳龍驤 李敏弟 ISBN 978-7536462663 105頁
  12. ^ [7]「《内家拳法》」黄百家

関連項目[編集]

外部リンク[編集]