大分三好ヴァイセアドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分三好ヴァイセアドラー
原語表記 大分三好ヴァイセアドラー
ホームタウン 大分県
クラブカラー 黒、白
創設年 1996年
所属リーグ V・チャレンジリーグI
チーム所在地 大分県大分市
体育館所在地 大分県大分市
代表者 三好博
監督 小川貴史
ホームページ 公式サイト
 表示 

大分三好ヴァイセアドラー(おおいたみよしヴァイセアドラー、Ohita Miyoshi Weisse Adler)は、大分県大分市を本拠地とする男子バレーボールチーム。V・チャレンジリーグIに所属している。

概要[編集]

母体は三好内科・循環器科医院であり、1996年開業と同時に創部[1]。2004年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。2006年V・プレミアリーグ初昇格。

チーム名は、地域から愛されるチームを目指し、大分がつけられている。また、「ヴァイセアドラー(Weisse Adler)」とはドイツ語で「白いワシ」の複数形であり、「鷲」は威厳と力強さの象徴。日本の医学発展においてドイツから学んだことが多く、チーム名にドイツ語を入れることは医療チームならではである[1][2]

練習場は大分市内のTOTO体育館。一部練習見学可能になっている。

サポーターズクラブ(ファンクラブ)が設立されている[3]。また、地元企業を中心に多くの企業もオフィシャルサポーターとなっている[4]

歴史[編集]

1996年、現在は部長兼チームドクターも務める三好博が大分市に三好内科・循環器科医院を開業した際に、バレーボール部「三好循環器科EKG」を発足。「EKG」は「エーカーゲー」と読み、心電図を意味する。のちに「三好循環器科EKG大分」に変更。発足当初は9人制であり、准看護師を目指していた津曲勝利が在籍していた時期もあった(1999年サントリーサンバーズに移籍)[5]。のちに6人制となった。

看護師や病院受付事務等の選手がほとんどを占め、練習時間が限られる中、2004年地域リーグに初参戦し、いきなり初優勝を果たす。V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)出場決定入替戦でも連勝し、同年にV1リーグ昇格。2004/05シーズンの第7回V1リーグでは7勝7敗の5位。しかし、2005/06シーズンの第8回V1リーグで初優勝。入れ替え戦に敗れ自力でのVリーグ(現・Vプレミアリーグ)への昇格はならなかったが、その入れ替え戦の相手だった旭化成スパーキッズの休部を受け、2006年7月24日に繰り上げ昇格。九州からのトップリーグ男子参戦は1997年に廃部となった住友金属ギラソール以来9年ぶり。プレミアリーグ(Vリーグから名称変更)昇格に伴い、チーム名を現チーム名に変更。プレミアリーグ参戦にあたり、休部した旭化成スパーキッズから、選手兼任監督の増成一志南克幸ら3選手を迎え強化を図った。

初参戦した2006/07プレミアリーグでは、開幕以来連敗を喫していたが、2月11日にパナソニック・パンサーズから念願の初勝利を挙げ、連敗を12で止めた。結果的に2勝26敗の最下位で終わったが、入れ替え戦でチャレンジリーグ1位のFC東京に連勝し、プレミア残留を決めた。2007/08プレミアリーグも2勝止まりの最下位で終わったが、またしても入れ替え戦でFC東京に連勝しプレミア残留を決めた。

2008/09プレミアリーグでもなかなか勝てず、3勝25敗と最下位を抜け出せなかった。2009年4月、チャレンジマッチ(入れ替え戦)でFC東京と対戦。第1戦にストレートで敗れ、第2戦で第1セットを落として、セット率でチャレンジリーグ降格が決まった(第2戦は3-1で勝ち)。しかし、NECブルーロケッツの休部を受け2009年7月8日に繰り上げ再昇格した。

2009/10プレミアリーグは4勝24敗で自己最高の7位となったものの、チャレンジマッチ出場となったが、富士通を破り残留。2010/11シーズンは3勝止まりの最下位だったが、東日本大震災の影響でチャレンジマッチが中止となり、そのままプレミア残留となった。

2011/12シーズンも最下位となり、チャレンジマッチでつくばユナイテッドSun GAIAと対戦。第1戦をセットカウント1-3で落として追い込まれる。しかし、第2戦をストレートで勝利し、セット率でチャレンジリーグ降格を逃れた。

2012/13シーズンは自己最高の5勝を挙げるものの最下位で終わり、チャレンジマッチ出場でジェイテクトSTINGSと対戦。第1戦をストレートで勝利し優位に立つも、第2戦でストレート負けを喫し、得点率でかわされてチャレンジリーグ降格となった[6][7]

2013/14シーズンはチャレンジリーグ準優勝[8]。2014/15シーズンはチャレンジリーグで優勝し[9]、FC東京とのチャレンジマッチに臨んだが、2敗に終わりプレミアリーグ昇格はならなかった[10]

成績[編集]

主な成績[編集]

プレミアリーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
チャレンジリーグ、チャレンジリーグI(実業団リーグ/V1リーグ)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
国民体育大会成年男子(6人制)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
V1リーグ 第7回 (2004/05) 5位 8チーム 14 7 7 0.500
第8回 (2005/06) 優勝 8チーム 14 11 3 0.786
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 8位 8チーム 28 2 26 0.071
2007/08シーズン 8位 8チーム 28 2 26 0.071
2008/09シーズン 8位 8チーム 28 3 25 0.107
2009/10シーズン 7位 8チーム 28 4 24 0.143
2010/11シーズン 8位 8チーム 24 3 21 0.125
2011/12シーズン 8位 8チーム 21 3 18 0.143
2012/13シーズン 8位 8チーム 28 5 23 0.179
V・チャレンジリーグ 2013/14シーズン 準優勝 11チーム 20 17 3 0.850
2014/15シーズン 優勝 12チーム 22 19 3 0.864
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 準優勝 8チーム 21 18 3 0.857
2016/17シーズン 優勝 8チーム 21 18 3 0.857

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2016年10月版[11][12]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 小川貴史 OGAWA 日本の旗 日本 WS 監督兼任
2 小松柾 KOMATSU 日本の旗 日本 S
3 阿部領太 ABE 日本の旗 日本 WS
6 上前仁 UEMAE 日本の旗 日本 L
7 細川優樹 HOSOKAWA 日本の旗 日本 WS 主将
8 石垣公也 ISHIGAKI 日本の旗 日本 WS 副将
9 井口拓也 IGUCHI 日本の旗 日本 WS
10 浜崎勇矢 HAMASAKI 日本の旗 日本 S
11 辻口智也 TSUJIGUCHI 日本の旗 日本 L
12 石橋克哉 ISHIBASHI 日本の旗 日本 WS
13 細井規貴 HOSOI 日本の旗 日本 WS
14 ヤカン・グマ YAKAN ルワンダの旗 ルワンダ OP
15 田中拳章 TANAKA 日本の旗 日本 MB
16 濱本豊 HAMAMOTO 日本の旗 日本 WS
17 島崎征士郎 SHIMASAKI 日本の旗 日本 WS
18 高山伸悟 TAKAYAMA 日本の旗 日本 MB
19 辻口泰地 T.TSUJIGUCHI 日本の旗 日本 WS
20 帖佐力弥 CHOSA 日本の旗 日本 L
22 藤岡諒馬 FUJIOKA 日本の旗 日本 S
23 藤田裕城 FUJITA 日本の旗 日本 MB
24 米田亘希 KOMEDA 日本の旗 日本 WS

スタッフ[編集]

2015年10月版[11][12]

役職 名前 国籍
部長 三好博 日本の旗 日本
副部長 坂口嘉彦 日本の旗 日本
監督 小川貴史 日本の旗 日本
コーチ 小林尚登 日本の旗 日本
コーチ ポール・ムレイ ジンバブエの旗 ジンバブエ
トレーナー兼通訳 永田雅彦 日本の旗 日本
広報兼マネージャー 井上幸子 日本の旗 日本
医師 森山敦夫 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 沿革”. 大分三好ヴァイセアドラー. 2013年10月19日閲覧。
  2. ^ チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月19日閲覧。
  3. ^ ファンクラブ入会のご案内”. 大分三好ヴァイセアドラー. 2013年10月19日閲覧。
  4. ^ オフィシャルサポーター”. 大分三好ヴァイセアドラー. 2013年10月19日閲覧。
  5. ^ 2004アテネオリンピック・バレーボール世界最終予選 インタビュー”. フジテレビ (2004年4月19日). 2013年10月19日閲覧。
  6. ^ 2012/13V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2013年4月7日). 2013年4月7日閲覧。
  7. ^ 男子・ジェイテクトSTINGS、女子・日立リヴァーレ V・プレミアリーグ昇格決定”. Vリーグ機構 (2013年4月25日). 2013年4月25日閲覧。
  8. ^ 2013/14V・チャレンジリーグ男子 最終結果 Vリーグ機構、2014年3月30日
  9. ^ 2014/15V・チャレンジリーグ男子大会 最終結果のお知らせ Vリーグ機構、2015年3月15日
  10. ^ 連敗昇格逃す 果敢な攻撃、無念 大分合同新聞、2015年3月30日
  11. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2016年10月21日閲覧。
  12. ^ a b プロフィール”. 大分三好ヴァイセアドラー. 2016年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]