NTT西日本中国バレーボール部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTT西日本中国
創設年 1950年
廃部年 ?
チーム所在地 広島県広島市
 表示 

NTT西日本中国バレーボール部(エヌティーティーにしにほんちゅうごくバレーボールぶ)は、かつて広島県広島市南区を拠点に活動していた、NTT西日本-中国の男子バレーボールチームである。

概要[編集]

1950年、日本電信電話公社中国電報電話局のバレーボールチーム「電電中国」として創部。1981年から始まった地域リーグ(男子・西部)に参加。1985年NTTグループ誕生に伴い、NTT中国に改称。1998年、実業団リーグ(のちのV1リーグ、現チャレンジリーグ)に昇格[1]

1999年1月、NTT中国支社の廃止に伴い広島支店のスポーツサークルとなり、支店の福利厚生費からの補助と社員のスポーツ後援会からの援助で活動を続けた。同年度シーズン、V1リーグ3位に入る[1]

同年7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、陸上競技部(広島)・硬式野球部(大阪)・ラグビー部(大阪)・バレーボール(名古屋(男子)神戸(女子))をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった[2]

2001年、NTT西日本は人員合理化などを進めた。その中で、社員の新規採用が2001年度から2年間見送られることとなり、NTT西日本中国バレー部も新入部員を勧誘することができなかった。さらには、主力3人がシンボルチームのレグルスに移籍してしまった。そのため弱体化が進み、2001シーズンはV1で6位に終わる。同年11月末から広島支社はスポーツサークルの休廃部や活動縮小を検討、バレー部は2002年シーズンを最後にV1リーグを脱退した[1]

成績[編集]

主な成績[編集]

V1リーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
地域リーグ西部
  • 優勝 1984年、1996年、1997年
  • 準優勝 1983年
黒鷲旗全日本選手権
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
地域リーグ西部 第1回(1981) 3位 6チーム
第2回(1982) 3位 6チーム
第3回(1983) 準優勝 8チーム
第4回(1984) 優勝 8チーム
第5回(1985) 5位 8チーム
第6回(1986) 8チーム
第7回(1987) 5位 8チーム
第8回(1988) 5位 8チーム
第9回(1989) 3位 8チーム
第10回(1990) 4位 8チーム
第11回(1991) 5位 8チーム
第12回(1992) 6位 8チーム
第13回(1993) 6位 8チーム
第14回(1994) 4位 8チーム
第15回(1995) 4位 8チーム
第16回(1996) 優勝 8チーム
第17回(1997) 優勝 8チーム
V1リーグ 第1回(1998/99) 3位 8チーム 14 10 4
第2回(1999/00) 5位 8チーム 14 5 9
第3回(2000/01) 6位 8チーム 14 4 10
第4回(2001/02) 7位 8チーム 14 2 12

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中国新聞 (2002年1月8日). “バレーのNTT西日本、リーグ撤退へ”. 2009年8月20日閲覧。
  2. ^ 中国新聞 (2000年8月26日). “アマスポーツNOW NTT再編”. 2009年8月20日閲覧。

関連項目[編集]