塩原元湯温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg塩原元湯温泉
Motoyu Onsen 04 fx.jpg
温泉情報
所在地 栃木県那須塩原市
交通 西那須野駅よりバスで40分で古町温泉へ。その後古町温泉よりタクシーに乗り換え15分。
泉質 炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 50.6 ℃
pH 6.5
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 3
外部リンク 塩原温泉旅館組合
テンプレートを表示

塩原元湯温泉(もとゆおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)にある塩原温泉郷の一つの温泉

元湯温泉は塩原温泉古町より車で更に約15分ほど奥に入ったところに現在3軒の温泉旅館がある。1695年の地震による山津波により埋没したが、塩原温泉発祥の地と言われている。

泉質[編集]

  • 含硫黄 - ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)低張性中性高温泉

当地にある旅館大出館所有の源泉には、黒湯としては珍しい湯の花による黒湯が存在する。

効能[編集]

  • 胃腸病、心臓病、高血圧症、糖尿病、むちうち症、神経痛、切り傷、やけど、リュウマチ、婦人病、皮膚病、肥満症

※注 : 効能はその効果を万人に保証するものではない

温泉街[編集]

夕食の一例

塩原温泉郷の一番奥にひっそりと3軒の温泉宿が寄り添う。

歴史[編集]

「元湯」の名前が示すように、塩原温泉郷の中では最も歴史が古い[1]

大同元年(806年)に如葛仙なる人物が温泉を発見したことにより始まったとする説、また発見者を猟師とする説がある。如葛仙の正体は明らかでなく、民話の伝承者によると天平9年(737年)に没したとされ、矛盾が生じる。このため地元の郷土史研究会では、矢板市長井にある寺山観音寺を806年に開山した徳一大師が発見者ではないかと推測している[2]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧塩原町・説明板
  2. ^ 開湯1200年記念の経緯 - 塩原温泉郷土史研究会

外部リンク[編集]