南アメリカのスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南アメリカのスポーツでは、南アメリカの国々で広く行われているスポーツについて記述する。

南米大陸では様々なスポーツが行われているが、最も盛んなスポーツはサッカーである。サッカーの他にメジャーなスポーツとしては、バスケットボールテニスゴルフフットサルバレーボールビーチバレーラグビーモータースポーツなどがある。また、2016年には南米大陸で初めてのオリンピックとなる『リオデジャネイロ五輪』が開催されている[1]

団体競技[編集]

ブラジルアルゼンチンウルグアイを筆頭として、南米諸国はサッカーの国際大会で常に好成績を収めている。『FIFAワールドカップ』ではブラジルは5回、アルゼンチンウルグアイは2回優勝している[2]。さらに開催国としても、記念すべき第1回大会がウルグアイで開催されており、2014年には2度目となるブラジル大会が行われた[3]。また、南米選手権である『コパ・アメリカ』は最も歴史の長い国際大会であり、今から100年以上前の1916年より開催されている[4]

ブラジルペレロナウドロナウジーニョネイマールアルゼンチンディエゴ・マラドーナディ・ステファノガブリエル・バティストゥータリオネル・メッシペルーテオフィロ・クビジャスウルグアイエンツォ・フランチェスコリパラグアイアルセニオ・エリココロンビアカルロス・バルデラマチリエリアス・フィゲロアエクアドルアレックス・アギナガベネズエラフアン・アランゴボリビアエルウィン・サンチェスなど、南米諸国は数多くの国際的なトッププレーヤー生み出してきた。また、多くの選手が地位と報酬を求めてヨーロッパの主要なリーグでプレーしている。

バスケットボールはアルゼンチンで盛んなスポーツである。2004年アテネオリンピック男子アルゼンチン代表金メダルを獲得しており、バスケットボール世界選手権では1950年に優勝している[5]。なお、バスケットボールはブラジルでもポピュラーなスポーツで、世界選手権で男子代表は2度、女子代表は1度優勝したことがあり、ベネズエラとウルグアイでも盛んにプレーされている。スペインバスク地方発祥のスポーツであるハイアライバスク・ペロタ)も南米の随所で行われており、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、チリ、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラには協会がある。バスクの民族スポーツという性質上、多くの選手がバスク人ないしバスク移民である[6]

クリケットコーノ・スール南回帰線以南の南アメリカ)で、イギリス系移民を中心に行われている。バレーボールはブラジルやアルゼンチンなどで盛んである。中でもブラジル代表は数々の国際大会で優勝する屈指の強豪国であり、男女ともにFIVBランキング1位を維持していた時期もあった程である[7][8]ラグビーラグビーユニオン)は、アルゼンチンを中心に南米でポピュラーになりつつある競技である。アルゼンチン代表は、ラグビーワールドカップ2007年大会で第3位という好成績を収めた[9]。なおウルグアイやパラグアイ、コロンビアやブラジル、チリやベネズエラ、ペルーにもラグビー協会がある[10]

個人競技[編集]

テニスも盛んである。多くの有名なテニス・プレーヤーが南米出身で、グランドスラムで通算4勝を成し遂げたギレルモ・ビラス全米オープン優勝のガブリエラ・サバティーニフアン・マルティン・デル・ポトロ全仏オープン優勝のガストン・ガウディオ2004年アテネオリンピックでシングル、ダブルス共に金メダルを獲得したニコラス・マスーなどがいる。マルセロ・リオスグスタボ・クエルテンATPランキング1位をマークした。

モータースポーツでは、南米大陸はフォーミュラ1を代表する選手であるアイルトン・セナファン・マヌエル・ファンジオを輩出した。ブラジルでは1973年からブラジル・グランプリが毎年開催されており、アルゼンチンではフォーミュラ1のホスト国を21度務め、1980年からラリー・アルゼンチンを毎年開催している。

ボクシングでは、数多くの世界王者を輩出し、特に著名な選手としてパスカル・ペレスアセリノ・フレイタスレオ・ガメスらがいる。ベネズエラは一時期、最古の団体である世界ボクシング協会(WBA)の本部が置かれていた。

関連項目[編集]

参照[編集]