エルウィン・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンチェス第二姓(母方の)はフレキングです。
エルウィン・サンチェス Football pictogram.svg
名前
本名 エルウィン・サンチェス・フレキング
Erwin Sánchez Freking
愛称 ボリビアのプラティニ
ラテン文字 Erwin Sánchez
基本情報
国籍  ボリビア
生年月日 (1969-10-19) 1969年10月19日(47歳)
出身地 サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ
身長 174cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
ユース
1981-1986 ボリビアの旗 アカデミア・タウイチ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1988 ボリビアの旗 デストロイヤー 67 (23)
1988-1990 ボリビアの旗 ボリバル 34 (13)
1990-1992 ポルトガルの旗 ベンフィカ 15 (1)
1991-1992 ポルトガルの旗 エストリル (loan) 28 (8)
1992-1997 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ 25 (1)
1997-1999 ポルトガルの旗 ベンフィカ 26 (6)
1998-1999 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ (loan) 22 (0)
1999 ポルトガルの旗 ベンフィカB 2 (2)
2000-2004 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ 92 (19)
2004-2005 ボリビアの旗 オリエンテ・ペトロレロ 38 (10)
代表歴
1989-2005 ボリビアの旗 ボリビア 57 (15)
監督歴
2003-2004 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ (選手兼任)
2006-2009 ボリビアの旗 ボリビア
2012-2013 ボリビアの旗 オリエンテ・ペトロレロ
2015 ボリビアの旗 ブルーミング
2015- ポルトガルの旗 ボアヴィスタ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エルウィン・サンチェスErwin Sánchez Freking1969年10月19日 - )は、ボリビアサンタ・クルス・デ・ラ・シエラ出身、元サッカー選手。元ボリビア代表及び代表監督、サッカー指導者である。ポジションはMF。代表の主力として長年活躍し、ボリビア選手として初めてヨーロッパのクラブチームに所属した選手である。

経歴[編集]

ユース時代[編集]

幼少期には、アカデミア・タウイチ・アギレラに所属した。アカデミアのチームがそのままユース代表となり、1985年U-16世界選手権中国大会に出場した。当時のメンバーにマルコ・エチェベリ(後に、フル代表でもチームメイトになる)、石川康[1]らがいた。

国内リーグ時代[編集]

1987年、地元のサンタ・クルス・デ・ラ・シエラのクラブであるクラブ・デストロイヤーでプロとしてのキャリアをスタートさせた。その後1988年には、クラブ・ボリバルへ移籍し、キャリア初の1部リーグ制覇に貢献した。

ポルトガル時代[編集]

ボリビアでの活躍が認められ、1990年ポルトガルSLベンフィカに移籍。ボリビア選手として初めてヨーロッパのクラブチームに移籍した選手となった。しかし当時のSLベンフィカは層が厚く、チームはプリメイラ・リーガ1990-91シーズンを優勝するも、殆ど活躍できず、1991年GDエストリル・プライア期限付き移籍した。翌1992年ボアヴィスタFCに移籍してから漸く活躍し始め、1996年1997年には国内カップ戦タッサ・デ・ポルトガル制覇に貢献した。その後、ベンフィカとボアヴィスタの往復で在籍し、1999年にはリザーブチームのベンフィカB(当時、リーガ・デ・オンラ在籍)にも所属した。2001年シーズンには33試合出場で9得点と活躍した[2]が、翌2002年前十字靭帯断裂の大怪我を負い[3]、急速に衰えた。怪我から復帰後はボアヴィスタの選手兼任監督となり指導者としてのキャリアもスタートさせた。

プロキャリア晩年[編集]

2004年に故郷ボリビアのオリエンテ・ペトロレロに戻りそこそこ活躍したものの、2005年3月14日クラブ・ブルーミング戦で審判のウィルソン・アリアガに暴行を働き、18ヶ月の出場停止処分を喰らって[4]、そのまま現役引退した。

代表歴[編集]

ボリビア代表としては1989年に初招集された。最大のハイライトは1994年アメリカW杯でボリビア代表初ゴールを挙げた事である。グループリーグ第3戦のソルジャー・フィールドシカゴ)で行われたスペイン戦、0-2でリードされた後半21分に左足で放ったシュートがスペインのDFボロの足に当たり、ゴールネットを揺らしたのである。ボリビア代表にとっては64年越しの待望のゴール[5]でもあり、2015年現在に至るまでボリビア代表で唯一ワールドカップで得点を決めた選手になっている[6]。代表では控えの選手ながら大舞台に強く、コパ・アメリカでは地元開催だった1997年ボリビア大会準々決勝6月21日コロンビア戦)では前半24分に追加点を決め、母国の準優勝に貢献。1999年パラグアイ大会でもグループリーグ第3戦の日本[7]戦において、前半18分に先制ゴールを挙げた(試合自体は後半30分に呂比須ワグナー名古屋グランパス〕がPKを決め、引き分けだった[8][9]。)。代表には引退直前までの2005年まで16年間にわたって招集され、ボリビアのプラティニ皇帝という意味合いが強かった)という愛称で親しまれた。代表通算成績は57試合、15得点(歴代3位)。

監督歴[編集]

引退翌年の2006年10月に、ボリビア代表監督に就任[10]。しかし、2009年2010年南アフリカW杯南米予選での敗退が決まったため、監督を解任された。その後、2012年2013年にかけて、かつて所属したオリエンテ・ペトロレロの監督を務めた。

タイトル[編集]

チーム[編集]

ボリバル
ベンフィカ
ボアヴィスタ
オリエンテ・ペトロレロ

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 57試合 15得点 (1989年 - 2005年)

監督歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 両親は沖縄県出身の移民で、ボリビアで生まれ育った。U-16世界選手権に出場後は、武南高校埼玉県)にスポーツ留学生として来日し、卒業後はボリビアに帰国せず日本で生活している。本人の項も参照。
  2. ^ Erwin Sanchez eleito Jogador da Semana (Erwin Sanchez voted Player of the Week)(ポルトガル語)2001年5月22日記事。
  3. ^ Boavista fear Sánchez surgery(英語)UEFA.com、2003年1月14日記事。
  4. ^ Tribunal suspende a “Platiní” Sánchez 18 meses (Court suspends “Platiní” Sánchez 18 months)(スペイン語)Bolivia.com、2005年8月14日記事。
  5. ^ 1930年ウルグアイW杯1950年ブラジルW杯にもボリビアは出場しているが、無得点に終わっていた。またこの試合まで1994年W杯でもボリビアは無得点だった。
  6. ^ 1994年以降、ボリビアのワールドカップ出場がないため。
  7. ^ 南米サッカー連盟からの招待出場だった。
  8. ^ 2015年現在コパ・アメリカにおいて、日本が唯一勝ち点を挙げた試合である。
  9. ^ 代表TIMELINE(SAMURAI BLUE サッカー日本代表)※後半8分に得点したとなっているが、前半18分の誤りである。
  10. ^ Erwin Sánchez es el nuevo técnico de la Selección (Erwin Sánchez is the new national team manager)(スペイン語)Bolivia.com、2006年10月14日記事。先の暴行事件による出場停止処分が解けた直後でもあった。

外部リンク[編集]