勿来関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勿来の関から転送)
Jump to navigation Jump to search

勿来関(なこそのせき)は、古代から歌枕となっている関所の1つ。江戸時代の終わり頃からは「奥州三関」の1つに数えられている[1]。所在地が諸説ある上、その存在自体を疑う説[† 1]もある。

以下、福島県の観光地「勿来の関」と区別するため、および、漢字表記にゆれがあるため、本論の関を「なこその関」と記す。

「なこそ」[編集]

語意[編集]

「なこそ」とは、古語における「禁止」の意味の両面接辞『な~そ』に、『来(く)』(カ行変格活用)の未然形「来(こ)」が挟まれた「な来そ」に由来する[† 2]。現代語では「来るな」という意味。

漢字表記[編集]

「なこそ」の漢字表記では、万葉仮名あるいは平仮名真名を用いて「名古曾」「名古曽」「奈古曽」と書かれる例と、訓であてて「名社」と書かれる例がある。また、漢文において「禁止」の意味で用いられる返読文字」(~なかレ)を用いて「勿来」と書き、語釈から「なこそ」と読み下す例がある。関の名称であることから「来」に「越」の字を当てて「勿越」「莫越」と書く例も見られる(「」は「勿」と同様に禁止の意味の返読文字)。

[編集]

「なこその関」は関とよぶも関所とはよばない。また、目下のところ、和歌など文学作品以外の古代の史料に「なこその関」を見出すことすらできていない。

一般に「なこその関」は、白河関念種関(『吾妻鏡』の表記。江戸時代以降は鼠ヶ関、ほかに念珠ヶ関とも)とともに「奥州三関」に数えられている。「奥州三関」は、「奥州三古関」「奥羽三古関」「奥羽三関」とも呼ばれる[† 3]。しかし、「奥州三関」がなこそ・白河・念種の三関を指していたのかの確証はない[† 4][† 5]

奈良時代蝦夷の南下を防ぐ目的で設置されたとする説については、「なこそ」が来るなという意味であると考えられることからの付会、あるいは、他の関が軍事的に活用された事例の援用あるいは敷衍だと察せられるが、今のところそれを積極的、直截的に示す根拠は見当たらない。

所在地[編集]

今のところ、所在地は分かっていない。

考古学による推定[編集]

現在、考古学的な発掘調査を根拠とした所在地の推定はなされていない。

文学作品による推定[編集]

11世紀に『平中物語』の一節を引いて能因遠江国静岡県西部)に所在すると考えた『能因歌枕』の説のほか、17世紀に西山宗因紀行文宗因奥州紀行巻』のなかで「なこその関を越て」磐城平藩領に入っていると記していることなどから、現在の福島県いわき市に長らく比定されている。吉田松陰の『東北遊日記抄』にも現いわき市勿来町関田関山付近を「勿来故関」と記録されている。ただし、「なこそ」の地名がこの周辺に存在した証はない。

福島県いわき市勿来町に所在したと考えられている菊多関の別名とする説もあるが、最近では区別されている。

歌枕であるなこその関は多くの歌人に詠まれているが、それらの歌からは陸奥国(東北地方太平洋沿岸部)の海に程近い山の上の情景がイメージされる。しかし、一般に近代写実主義に拘束されていない近代以前の和歌においては、歌枕を詠むにあたってその地に臨む必要はない。なこその関を詠んだ歌についてもその多くは現地で詠んだ歌とは考えられていない[† 6]

なお、平安海進により、古代の海岸線の位置は現在と異なる。

その他の推定[編集]

宮城県利府町の名古曽にある「勿来神社」の碑および鞘堂(2010年8月)

陸奥国府多賀城地図)や松島丘陵の軍事的な意味合い、19世紀ごろの江戸時代の絵図『陸奥名所図会』などを根拠に、奥大道と名古曽川(なこそがわ。現在は「勿来川」と書く。砂押川水系)が交わる宮城県宮城郡利府町森郷名古曽に比定する説もある[2]

周囲は惣の関ダムが建設されたため地形が大きく変わり、現在は「なこその関」の説明看板と江戸時代に建立された「勿来神社」の[3]地図)、および、利府街道沿いに「勿来の関跡」の誘導看板が設置されているのみである。なお、「勿来神社」の碑から約4km南に多賀城政庁跡がある。また、約700m北東に「北宮神社」(地図)があり、これは陸奥府中の北端を示す「北宮」だったとされる[4]

歌枕[編集]

平安時代から近代前までに125ほどの短歌形式の和歌に詠みこまれている。

観光地[編集]

江戸時代初期に現在の福島県いわき市勿来町関田関山に「なこその関」を見立てるようになったため、観光地化した[5]。江戸時代に関田村を領していた磐城平藩は、17世紀の植樹をするなど、関跡に見立てた整備事業をたびたび行っている。

1889年明治22年)4月1日、旧磐城平藩の関田村、および、旧棚倉藩の窪田村・四沢村・白米村・九面村・酒井村・大高村が合併して窪田村となった。1897年(明治30年)2月25日日本鉄道海岸線(現・JR常磐線)に「勿来駅」が開設されると、その駅名にならって1925年大正14年)5月1日には石城郡窪田村が町制を施行する際に改称して勿来町になり、「勿来」という地名が初めて生まれた。1927年昭和2年)には福島民友新聞社が「勿来関趾」の碑を建立した(地図)。

勿来の関公園[編集]

  • 1951年昭和26年):福島県立自然公園としての指定。
  • 1960年(昭和35年):風致公園として都市計画決定がなされる。
  • 1986年(昭和61年):1988年(昭和63年)、遊歩道、詩歌の小径、駐車場等の整備が行われる。
  • 1988年(昭和63年):いわき市勿来関文学歴史館(観光施設)が開館。
  • 2001年平成13年):いわき市勿来関文学歴史館(観光施設)が供用再開。はじめて学芸員を配置し小規模な企画展を開催。歌枕「なこその関」を紹介。
  • 2007年(平成19年):いわき市勿来の関公園吹風殿(公園施設)が開館。平安貴族の邸宅風の建物と庭園。休憩所やイベント会場として多目的に活用される。

現在は桜の名所としても知られる。また、古賀春一(勿来砿を主力とした大日本炭砿会社の創立者)の彰徳碑がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 律令体制を補完する(きゃく)や(りつ)そのものにも、『六国史』にも、規定も名称も見えないことから、存在を疑う余地もある。
  2. ^ 「な越そ」が由来とする文書も見られるが、「越ゆ」は下二段活用であるため「な越えそ」となるのが古語の文法上は正しい。そのため、「な越そ」は文法にとらわれない当て字と考えられる。
  3. ^ 「奥州」が、陸奥国のみならず、出羽国を含む「奥羽」と同義で用いられることがしばしば見られる。
  4. ^ 松尾芭蕉は、『奥の細道』のなかで、白河関をさして三関の一としているが、他の二関を明らかにしていない。
  5. ^ 『磐城史料』は、勿来関を「奥州三関」に数えているが、他の二関を明らかにしていない。
  6. ^ なこその関で詠んだとされる詞書をもつ歌には、源義家の「ふくかぜを なこそのせきと おもへとも みちもせにちる やまざくらかな」がある。その死後80年ほど後に添えられた『月詣和歌集』の詞書と、それを基礎に編集された『千載和歌集』の詞書には「みちのくににまかりけるときなこそのせきにてはなのちりければよめる」とある。源義家が陸奥に赴いたのは生涯において3度ある。1度目は1056年天喜4年)8月から翌年11月までの期間に前九年合戦に際して、2度目は1070年延久2年)8月の下野在任中に陸奥国への援軍として、3度目は1083年永保3年)9月に自身が陸奥守鎮守府将軍として、である。いずれも季節的に桜が散る時期に合致するものはなく、詞書と歌の内容との間に齟齬があって、どこまでを事実として整理できるか見極めが難しい。ただし、この詞書が、なこその関の実在を示す根拠の一つではあることに違いはない。

出典[編集]

  1. ^ 『磐城史料』
  2. ^ 名古曽関について (PDF)国土交通省磐城国道事務所歴史の道研究会第四回講演会)
  3. ^ Rifu digital phot studio 史跡(利府町)
  4. ^ 『仙台市史 通史編2 古代中世』(仙台市史編さん委員会 2000年) P.237-P.244
  5. ^ 企画展「勿来関を訪れた人々」 のご案内(いわき市勿来関文学歴史館)

参考文献[編集]

  • 清少納言『枕草子』107段
  • 根岸鎮衛『耳袋』巻之十
  • 古川古松軒『東遊雑記』
  • 朴翁『ひたち帯』
  • 雨宮端亭『美ち艸』
  • 葛山為篤『磐城風土記』
  • 大須賀筠軒『磐城史料』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]