源顕仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源顕仲
時代 平安時代後期
生誕 康平元年(1058年
死没 保延4年3月29日1138年5月9日
別名 正字:顯仲
官位 従三位神祇伯非参議
主君 白河天皇堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
篤子内親王
氏族 村上源氏
父母 父:源顕房、母:藤原定成
兄弟 賢子雅実顕仲雅俊国信、師子、相覚、顕雅定海、隆覚、信雅、覚樹、雅兼、清覚、雅光、覚雅、御匣殿、
季房雅隆、顕覚、藤原顕隆室、
藤原師実室、別当殿、堀河院承香殿
源俊輔
仲房忠季有房[1]、覚豪、俊堯
顕意、顕観、覚仲、仁暁、顕玄、
散位重通妾、待賢門院堀河、大夫典侍、上西門院兵衛
テンプレートを表示

源 顕仲(みなもと の あきなか)は、平安時代後期の公卿歌人村上源氏右大臣源顕房の子。官位従三位神祇伯

経歴[編集]

篤子内親王に仕える。周防守尾張守などを歴任したのち、寛治元年(1087年従四位上、寛治2年(1088年正四位下に叙せられ、寛治5年(1091年)頃に丹波守、寛治7年(1093年刑部卿に任ぜられる。

康和4年(1102年従三位左京大夫に叙任されて公卿に列す。長治2年(1105年越前権守を兼任。保安3年(1122年)には神祇伯を兼ねる。20年に亘って務めた左京大夫を辞任して保延4年(1138年)薨去。享年81。康平7年(1064年)生ともいわれる。その場合75歳没。豊原公里に習いをよくしたという[2]

勅撰和歌集の『金葉和歌集』以下に入首し、永久4年(1116年)に百首和歌を詠する。元永元年(1118年)の『内大臣家歌合』、保安2年(1121年)の『内蔵頭長実家歌合』などに出詠。また、新百人一首に選ばれるなど、歌人としても活躍した。家集があったとされるが散逸。

官歴[編集]

※以下、註釈の無いものは『公卿補任』の記載に従う。

  • 時期不詳:周防守尾張守
  • 寛治元年(1087年)11月18日:従四位上に叙す(媞子内親王御給)[3]
  • 寛治2年(1088年)正月19日:正四位下に叙す(斎宮職事)[4]
  • 寛治5年(1091年):この頃、丹波守に任ず。
  • 寛治7年(1093年):刑部卿に任ず。
  • 康和4年(1102年
    • 4月21日:従三位に叙す(尊勝寺供養賞。中宮御給)。
    • 11月14日:左京大夫に任ず。
  • 長治2年(1105年)正月:越前権守を兼ぬ。
  • 保安3年(1122年):神祇伯に任ず。
  • 天治元年12月20日(1125年1月):大夫を辞す。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 源義国室の父。
  2. ^ 今鏡』。
  3. ^ 本朝世紀寛治元年11月18日条
  4. ^ 中右記寛治2年正月19日条。