加藤順大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 順大 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノブ[1]
カタカナ カトウ ノブヒロ
ラテン文字 KATO Nobuhiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-12-11) 1984年12月11日(34歳)
出身地 埼玉県上尾市
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 京都サンガF.C.
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
浦和レッズユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2014 浦和レッズ 85 (0)
2015-2018 大宮アルディージャ 77 (0)
2019- 京都サンガF.C.
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 順大(かとう のぶひろ、1984年12月11日 - )は、埼玉県上尾市出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

西上尾イレブンから大宮FCまでは前半はGK後半はFWの二刀流プレイヤーとして出場していた。2003年に浦和ユースからトップチームに昇格を果たす[1]。2006年5月21日に埼玉スタジアム2002で行われたナビスコカップのグループリーグ第6節、横浜FM戦で公式戦デビューを果たした[1][2]。2010年には、ナビスコカップの予選リーグ全6試合で先発フル出場を果たした[1]

長年に渡り都築龍太山岸範宏の控えだったが、2011年6月11日NACK5スタジアムで行われたJ1第14節、大宮とのさいたまダービーでトップ昇格9年目にして初のリーグ戦先発フル出場を果たした[3]。この試合以降山岸から正GKを奪取した。リーグ戦プロ2戦目となったJ1第15節、広島戦の試合前に初めて浦和のサポーターは加藤へ対する応援歌を歌った[4]震災の影響で7月23日に行われたJ1第6節の甲府で相手選手をペナルティーエリア外でファウルしてしまい、プロ入り初のレッドカードを受けた[5]。1試合の出場停止処分が明けたJ1第19節、川崎戦で再び先発に復帰。以降はナビスコカップ、天皇杯の一部の試合を除き先発出場を続け、最終的に公式戦32試合に出場を果たしたが、最終節の柏レイソル戦では茨田陽生のミドルシュートを後逸する痛恨のミスを犯してしまい、結果的に柏の初優勝をアシストする格好となった。

2012年9月29日国立競技場で行われたJ1第27節柏戦のロスタイムに、矢島慎也めがけ約50メートルのスローイングを投げそこからポポの得点に繋がり勝利に貢献した。この年はミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の就任によりGKにも組立への参加が要求されたことで自身の持ち味を最大限に発揮。リーグ戦全試合に出場し、守護神として一本立ちした。

2013年も引き続きレギュラーとしてプレーしたが、中盤戦になると失点が増加。ミスも目立つようになり、終盤戦は山岸に定位置を譲った。2014年は、西川周作の加入により出場機会が激減。オフにズラタンと入れ替わる形でJ2に降格した大宮アルディージャへ完全移籍した。大宮ではFC東京から加入した塩田仁史とのポジション争いとなったが、これを制してJ1昇格の原動力となった。2018年、翌年の契約非更新(戦力外)が発表された[6]

2018年12月、京都サンガF.C.へ完全移籍により加入すると発表された[7]

エピソード[編集]

  • 2008年8月10日小野綾子 (歌手)との結婚を発表した[1][8]。2011年4月2日に第一子が誕生した[1]
  • 大宮所属時の2015年J2第16節福岡戦では、味方DF渡部大輔にあたったボールを「スコーピオン」キックではじき出すというセービングを見せた。このセービングは各国のメディアで賞賛され、現役時代に実際に「スコーピオン」キックを行ったこともあるレネ・イギータも賛辞の意味を込めて、加藤のこのセービングの動画を自らのInstagramにアップロードしている。ただし、渡部と福岡の選手が競り合った際に主審が福岡の選手のファウルを取っているためこのセーブの前にプレーは途切れている。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 浦和 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 0 0 1 0 0 0 1 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 0 0 1 0 0 0 1 0
2009 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 18 0 0 6 0 0 0 6 0
2011 26 0 5 0 1 0 32 0
2012 34 0 3 0 2 0 39 0
2013 25 0 2 0 1 0 28 0
2014 0 0 6 0 0 0 6 0
2015 大宮 1 J2 37 0 - 2 0 39 0
2016 J1 19 0 2 0 0 0 21 0
2017 21 0 3 0 2 0 26 0
2018 J2 0 0 - 0 0 0 0
2019 京都 -
通算 日本 J1 125 0 29 0 6 0 160 0
日本 J2 37 0 - 2 0 39 0
総通算 162 0 29 0 8 0 199 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2008 浦和 28 0 0
2013 18 6 0
通算 AFC 6 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッドダイヤモンズ
大宮アルディージャ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “浦和レッズGK・選手会長<背番号:18> 加藤 順大さん”. あぴおネット. (2011年5月1日). http://www.apio-net.com/node/5829 2011年8月13日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “ヤマザキナビスコカップ 第6節 横浜F・マリノス”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2006年5月21日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_sokuhou.cgi?action=view&id=1122 2011年8月13日閲覧。 
  3. ^ “vs大宮「2点差追いつくも勝ち越せず、ダービーはドロー」”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2011年6月11日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_6983.html 2011年8月13日閲覧。 
  4. ^ “浦和レッズ・GK加藤順大選手”. 朝日新聞. (2011年6月22日). http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000391106220001 2011年8月13日閲覧。 
  5. ^ “vs甲府「82分間の数的不利も、全員で戦い2-0で勝利」”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2011年7月23日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=7149 2011年8月13日閲覧。 
  6. ^ 加藤順大 選手 契約満了のお知らせ大宮アルディージャ 2018年11月28日(208年12月10日閲覧)
  7. ^ “加藤順大選手 加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2018年12月31日), https://www.sanga-fc.jp/news/p/13672/ 2018年12月31日閲覧。 
  8. ^ “浦和GK加藤が歌手の小野綾子さんと結婚”. 日刊スポーツ. (2008年8月11日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20080811-394317.html 2011年8月13日閲覧。 

外部リンク[編集]