内藤正典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内藤 正典
生誕 (1956-09-29) 1956年9月29日(61歳)
日本の旗 日本東京都
居住 日本の旗 日本京都府
研究分野 国際関係論
地域研究
研究機関 同志社大学
出身校 東京大学(学士、修士)
一橋大学(博士)
博士課程
指導学生
澤江史子
主な受賞歴 日本地理学会賞(2011年
日本地理学会研究奨励賞(1987年
トルコ共和国高度国家功労賞(2007年
プロジェクト:人物伝

内藤 正典(ないとう まさのり、1956年9月29日 - ) は、日本社会学者地理学者・国際政治学者。同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科長・教授、博士(社会学)一橋大学)。

専門は中東国際関係、特にヨーロッパにおけるムスリム移民の研究、9・11以降はイスラム西欧世界との関係、現代トルコの政治と社会。80年代まではシリアを中心としたアラブ地域研究を行ってきたが、フィールドワークに重点を置くため、政治的な事情でトルコに研究対象を移し、さらに、9.11以降はヨーロッパ在住ムスリム移民および西欧とイスラームの衝突を抑止するための研究・著作を中心に発表。

経歴[編集]

東京都生まれ。

学歴[編集]

研究歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『トルコのものさし、日本のものさし」(筑摩書房 , 1994年)
  • 『アッラーのヨーロッパ――移民とイスラム復興』(東京大学出版会, 1996年
  • 『絨緞屋が飛んできた――トルコの社会誌』(筑摩書房 , 1996年)
  • 『なぜ、イスラームと衝突するのか――この戦争をしてはならなかった』(明石書店, 2002年
  • 『ヨーロッパとイスラーム――共生は可能か』(岩波新書 2004年
  • 『イスラーム戦争の時代――暴力の連鎖をどう解くか』(日本放送出版協会[NHKブックス] 2006年
  • 『イスラムの怒り』(集英社新書 2009年
  • 『イスラム - 癒しの知恵』(集英社新書 2011年
  • 『イスラームから世界を見る』(ちくまプリマー新書 2012年)
  • 『イスラム戦争――中東崩壊と欧米の敗北』(集英社新書 2015年1月)
  • 『欧州・トルコ思索紀行』(人文書院 2016年4月)

編著[編集]

  • 『トルコ人のヨーロッパ――共生と排斥の多民族社会』(明石書店, 1995年
  • 『もうひとつのヨーロッパ――多文化共生の舞台』(古今書院, 1996年)
  • 『トルコから世界へ――イスラームと西欧化のはざまで』(明石書店, 1998年
  • 『地球人の地理講座(6)うちとそと』(大月書店, 1999年
  • 『新しい戦争」とメディア――9・11以後のジャーナリズムを検証する』(明石書店, 2003年
  • 『激動のトルコ――9・11以後のイスラームとヨーロッパ』(明石書店, 2008年

共編著[編集]

  • (一橋大学社会地理学ゼミナール)『シリーズ外国人労働者(2)ドイツ再統一とトルコ人移民労働者』(明石書店, 1991年
  • 阪口正二郎)『神の法vs.人の法――スカーフ論争からみる西欧とイスラームの断層』(日本評論社, 2007年
  • (編集協力者)『イスラーム辞典』(岩波書店)(2002年)
  • (編集委員)『現代イスラーム事典』(明石書店)(2002年)
  • 『トルコを知るための53章』大村幸弘,永田雄三共編著 (明石書店) (2012年、エリア・スタディーズ)

訳書[編集]

  • ジョン・L・エスポズィート『イスラームの脅威――神話か現実か』(明石書店, 1997年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]