永田雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永田 雄三(ながた ゆうぞう、1939年 - )は、日本のトルコ研究者。元明治大学文学部教授、元東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授。オスマン史研究の第一人者 [1]。日本人研究者として初めて古文書等のトルコ現地史料を用いて研究を進め、日本語のみならずトルコ語でも研究成果を発表した。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『前近代トルコの地方名士:カラオスマンオウル家に関する研究』(刀水書房、2009年)

共著[編集]

  • 『中東現代史1トルコ・イラン・アフガニスタン 世界現代史11』(加賀谷寛、勝藤猛との共著、山川出版社、1982年)
  • 『西アジア〈下〉 地域からの世界史8』(加藤博との共著、朝日新聞社、1993年)
  • 『世界の歴史15 成熟のイスラーム社会』(羽田正との共著、中央公論社、1998年/中公文庫、2008年)
  • 『世紀末イスタンブールの演劇空間 都市社会史の視点から』(江川ひかりと共著、白帝社アジア史選書、2015年)

編著[編集]

  • 『西アジア史〈2〉イラン・トルコ』(山川出版社、2002年)

共編著[編集]

  • 『牧畜民』(松原正毅との共編、東洋経済新報社、1984年)
  • 『トルコを知るための53章』(大村幸弘内藤正典との共編、明石書店、2013年)

脚注[編集]