谷泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷 泰
人物情報
生誕 (1934-01-17) 1934年1月17日
日本の旗 日本福岡県北九州市
出身校 京都大学
学問
研究分野 文化人類学
研究機関 京都大学
テンプレートを表示

谷 泰(たに ゆたか、1934年1月17日 - )は日本の文化人類学者京都大学名誉教授。専門は西洋史社会人類学。。

経歴[編集]

1934年、福岡県八幡市(現北九州市)出身。京都大学文学部史学科に入学し、1956年に卒業。京都大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程に進む。1960年5月に 京都大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程を中退し、6月より 京都大学人文科学研究所助手

受賞・栄典[編集]

  • 1976年:第3回日本ノンフィクション賞『牧夫フランチェスコの一日』

著書[編集]

単著[編集]

  • 『牧夫フランチェスコの一日――イタリア中部山村生活誌』(日本放送出版協会NHKブックス]、1976年/平凡社ライブラリー、1996年)
  • 『「聖書」世界の構成論理――性、ヴィクティム、受難伝承』(岩波書店、1984年)
  • 『神・人・家畜――牧畜文化と聖書世界』(平凡社、1997年)
  • 『カトリックの文化誌――神・人間・自然をめぐって』(日本放送出版協会[NHKブックス]、1997年)
  • 『笑いの本地、笑いの本願――無知の知のコミュニケーション』(以文社、2004年)
  • 『牧夫の誕生――羊・山羊の家畜化の開始とその展開』(岩波書店、2010年)

編著[編集]

  • 『社会的相互行為の研究』(京都大学人文科学研究所、1987年)
  • 『文化を読む――フィールドとテクストのあいだ』(人文書院、1991年)
  • 『コミュニケーションの自然誌』(新曜社、1997年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]