内幸町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内幸町駅
A3出入口(2008年11月)
A3出入口(2008年11月)
うちさいわいちょう
Uchisaiwaichō
(西新橋)
I 06 御成門 (1.1km)
(0.9km) 日比谷 I 08
所在地 東京都千代田区内幸町二丁目2-3
駅番号 I 07
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 I 三田線
キロ程 6.4km(目黒起点)
電報略号 内(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
42,290人/日
-2015年-
開業年月日 1973年昭和48年)11月27日
テンプレートを表示
ホーム(2008年3月)

内幸町駅(うちさいわいちょうえき)は、東京都千代田区内幸町二丁目にある、東京都交通局都営地下鉄三田線駅番号I 07。南半分が港区西新橋に属するため「西新橋」という副名称がついている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地下駅ホームドアが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 I 都営三田線 三田白金高輪目黒東急線方面 目黒駅から MG 東急目黒線へ直通
2 日比谷巣鴨西高島平方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員42,290人(乗車人員 20,816人、降車人員 21,474人)である[1]

各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2][3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 19,589 [* 1]
1991年(平成03年) 19,678 [* 2]
1992年(平成04年) 19,441 [* 3]
1993年(平成05年) 19,197 [* 4]
1994年(平成06年) 18,573 [* 5]
1995年(平成07年) 17,404 [* 6]
1996年(平成08年) 17,252 [* 7]
1997年(平成09年) 17,345 [* 8]
1998年(平成10年) 17,384 [* 9]
1999年(平成11年) 16,249 [* 10]
2000年(平成12年) 16,964 [* 11]
2001年(平成13年) 18,581 [* 12]
2002年(平成14年) 19,022 [* 13]
2003年(平成15年) 39,376 18,478 [* 14]
2004年(平成16年) 38,465 18,000 [* 15]
2005年(平成17年) 39,293 18,351 [* 16]
2006年(平成18年) 40,760 19,052 [* 17]
2007年(平成19年) 41,088 19,530 [* 18]
2008年(平成20年) 40,157 19,373 [* 19]
2009年(平成21年) 38,998 19,022 [* 20]
2010年(平成22年) 36,756 17,923 [* 21]
2011年(平成23年) 34,526 16,890 [* 22]
2012年(平成24年) 36,376 17,843 [* 23]
2013年(平成25年) 38,227 18,755 [* 24]
2014年(平成26年) 39,977 19,674 [* 25]
2015年(平成27年) 42,290 20,816

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

内幸町」・「西新橋一丁目」停留所がある。小滝橋車庫、等々力方面はA7出口、渋谷駅方面はA3出口が最寄り。

内幸町(千代田区)

西新橋一丁目(港区)

駅名の由来[編集]

地名の「内幸町」から。

「内幸町」の地名は江戸城外堀にあった「幸橋御門」の内側に位置 していたのが由来で、江戸時代当時は「丸ノ内幸町」と言う地名であった。今の「内幸町」になったのは1872年明治5年)3月25日からである。

隣の駅[編集]

PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
I 都営三田線
御成門駅 (I 06) - 内幸町駅 (I 07) - 日比谷駅 (I 08)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  2. ^ 千代田区ホームページ - 行政基礎資料集
  3. ^ 行政資料集 - 港区
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑
  6. ^ 現在のJX日鉱日石エネルギー

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]