富国生命ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富国生命本社ビル
富国生命本社ビル
情報
用途 店舗事務所
設計者 清水建設
施工 清水建設
建築主 富国生命
構造形式 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造
敷地面積 7,453 m²
建築面積 2,189 m² (建蔽率29%)
延床面積 89,784 m² (容積率1205%)
階数 地上29階地下5階 塔屋1階
高さ 120m
着工 1977年4月
竣工 1980年1月23日
所在地 東京都千代田区内幸町2-2-2
座標 北緯35度40分14.34秒
東経139度45分18.79秒
テンプレートを表示

富国生命ビル(ふこくせいめいビル)は、東京都千代田区内幸町にある超高層建築物である。

概要[編集]

同地にあった富国館の改築として1977年(昭和52年)4月より着手され、1980年(昭和55年)1月開業した。内幸町・日比谷地区初の超高層ビルであり、格調高く将来的に見劣りしないビルを目指して、単位面積当たり当時の一般的なオフィスビルの1.5倍の建設費が投じられた。天井高2.6メートル、柱のないオフィスフロアを確保している[1]。入居した企業が事業に成功した事例が話題を呼び、出世ビルと縁起を担がれることがある[1]日本国外の企業が多くオフィスを構えているのも特徴の一つである[2]

ビルの周囲は公開空地で、緑道や広場、陶芸家中村錦平による陶器製の滝や、桑原巨守佐藤健次郎の彫刻が置かれている。日比谷公園側エントランスホールにはジャコモ・マンズーエミール・アントニー・ブールデルの彫刻、ギュスターブ・クールベの絵画などがあり、二か月に一度サロンコンサートが開催されている[1]

都営地下鉄三田線内幸町駅および、地下街日比谷シティを通じて日比谷国際ビル日本プレスセンタービルとつながっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ビル紳士録 30-31頁
  2. ^ 富国生命ビル商店街

参考文献[編集]

  • 森喜則、今吉賢一 『ビル紳士録』 毎日新聞社、1992年ISBN 4-520-30885-4

外部リンク[編集]