八木麻衣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やぎ まいこ
八木 麻衣子
プロフィール
愛称 こやぎぃ
生年月日 1986年7月12日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 A型
公称サイズ(2014年時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 76 - 56 - 78 cm
靴のサイズ 23.5 cm
モデル: テンプレート - カテゴリ

八木 麻衣子(やぎ まいこ、1986年7月12日 - )は、日本女優であり、タレントである。愛知県名古屋市出身。元ケイダッシュステージ所属( - 2015年2月28日)。現在は、フリーにて活動中。

人物[編集]

来歴[編集]

ファッション誌の読者モデルを経て、女優へ転身。

名港幼稚園、藤山台小学校藤山台中学校を卒業し、聖カピタニオ女子高等学校へ入学[1]

高校時代は、漫画「ホイッスル!」に影響されてサッカー部に所属。ポジションは左ハーフ[2]
在学中、友人が留学すると聞き、当時英語が得意であった事もあり、自身も留学を決意。
高校1年生の終わりから、ニュージーランドにあるサザンクロス語学学校へ約1年間、海外留学をした。
帰国後、高校2年生となり、4年かけて高校を卒業する事となった。

高校を卒業後、上京し推薦枠にて上智大学外国語学部 英語学科へ入学。
大学3年生の時点で、某IT系企業への内定が決まっていたが、モデル業の楽しさから、内定を辞退。
わざと単位を落として留年し、5年かけて大学を卒業した[3]

2016年11月、役者としての活動休止を宣言。2016年12月26日、自身のブログにて妊娠5ヶ月であると公表した[4]

2017年5月23日に第一子(長女)を出産[5]

嗜好[編集]

好きな女優は、永作博美倍賞千恵子松坂慶子メリル・ストリープ。好きな俳優は、加瀬亮。さらに、白洲次郎初音ミクをこよなく愛する。

好きな映画は、人のセックスを笑うな花様年華ミッドナイト・イン・パリホノカアボーイしあわせのパン月曜日のユカソフィーの選択、など。

好きな海外ドラマは、フルハウス愉快なシーバー家

好きな食べ物は、カボチャ、納豆、白子、硬めにゆでたカリフラワーなど。

津森千里ツモリチサト)デザインのパジャマ(林檎柄、等)を愛用。

その他[編集]

海外への渡航経験は、高校時代に留学したニュージーランドの他に、アメリカ台湾インドネシア中国スペインイタリアフィリピン

自他共に認める「芸能界一のぼっち女優」である。また、本人も友達が少ないことを度々ネタにしている。

身長は公称158cmだが、実際は156cmである(ニコニコ生放送にて本人が訂正)。

取得資格等[編集]

  • TOEIC 935点
  • 英検 準1級
  • 数学検定 準2級
  • 漢字検定 準2級
  • ColorMaster 4級
  • イマジンプラス認定 デジマナ検定
  • マウス熟練度 5級
  • バーベキュー奉公検定
  • 坂本龍馬検定 初級
  • パソコン検定 5級
  • 日本語検定 Bランク
  • 都道府県検定 5級
  • 数え方検定 5級
  • Excel 4級 実技試験
  • Word 4級
  • PowerPoint 4級
  • デジタルカメラ部門 4級
  • パソコンネット操作部門 4級
  • タイピング部門 4級
  • アニメ部門 4級
  • グラフィック部門 4級
  • セキュリティ部門 4級

出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

インターネット[編集]

…その他、YouTubeで検索すると数多くの動画[10]が投稿されている。

ファッションショー[編集]

  • 「AGE STOCK」
  • 「HOUSE NATION」
  • 「Rayナイト」
  • 「Shibuya Bridal Collection」

映画[編集]

  • マメヒコピクチャーズ 第1回作品 「紫陽花とバタークリーム」[11] (監督:井川啓央、2012年)
  • マメヒコピクチャーズ 第2回作品 「さよならとマシュマロを」[11] (監督:井川啓央、2013年)
  • ARC FILM 「カラス姫」(2015年)
  • 写真映画「終末の獣たち」(監督:佐々木優大、2018年)

舞台[編集]

  • アロッタファジャイナ第13回公演「国家〜偽伝、桓武と最澄とその時代」[12](2013年3月27日 - 3月31日)
  • W-Speaks第6回公演「アクトレースCUP」[13](2013年6月6日 - 6月9日)
  • Air studioプロデュース「GO,JET! GO! GO! ZERO」[14](2013年6月27日 - 7月3日)
  • Air studioプロデュース「GO,JET! GO! GO! vol.6〜追憶のブルージーン・クリスマス」[14](2013年12月17日 - 12月23日)
  • Air studioプロデュース「君死にたまふことなかれ」[14](2014年7月3日 - 7月7日)
  • 演劇ユニットHINATA*SENCE 第3回公演「女友達〜千夜子の場合〜」[15](2014年9月3日 - 9月7日)
  • 劇団空間エンジンプロデュース「Juriet〜ジュリエット〜」[14](2014年10月8日 - 10月13日)
  • M.Ohmura Independent Actor's Works 公演 短編戯曲集「人間ルネサンス わたしはこんなひとをみた。(草花や樹木より)」[16](2014年12月8日)
  • FUN Entertainment 本公演vol.5「神様のおしごと」[17](2015年2月27日 - 3月1日)
  • M.Ohmura Independent Actor's Works 公演 短編戯曲集「人間ルネサンス」[18](2015年4月29日)
  • 日本のラジオ 第11回公演「カナリヤ」[19](2015年5月29日 - 6月3日)
  • シアターノーチラス #18「水槽」[20](2015年7月24日 - 7月29日)
  • 俺は見た 第3回公演 「他人と一緒に住むという事」[21](2015年9月8日 - 9月13日)
  • Oi-SCALE 「リクレイムド ランド」[22](2015年10月21日 - 10月26日)
  • 有末剛 緊縛夜話 第十一夜 「女子校育ち呪縛篇」[23](2015年11月29日)
  • 劇団きのこ牛乳 11本目公演 「へらへら時計」[24](2015年12月3日 - 12月6日)
  • 劇団肋骨蜜柑同好会 第7回公演 「はじめてのるすばん 荒野編/百貨店編」(2016年3月8日 - 3月13日)

イベント[編集]

  • W-Speak第6回公演「アクトレースCUP」ドラフトイベント(2013年)
  • 水墨画家CHiNPAN監修 女優展(2016年3月19日)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本人公式FACEBOOK 経歴より。
  2. ^ 運動部に所属して運動が得意そうだが、50m走のタイムは11秒ほど。
  3. ^ レインボータウンFMにゲスト出演した際の発言による。
  4. ^ 東スポ 2016年12月27日 モデル・八木麻衣子が妊娠5か月「生命の神秘を感じる毎日」
  5. ^ ご報告
  6. ^ 日本テレビ「しか~も!!」メジ~カ ホームページ
  7. ^ 美女暦(BIJO こよみ) 2010年7月24日
  8. ^ 魚住誠一 ModelTalks「八木麻衣子」vol.1(2014年10月20日)vol.2(2014年10月27日)
  9. ^ SHOWROOM「ダッシュの女神」
  10. ^ 八木麻衣子 YouTube投稿動画一覧
  11. ^ a b マメヒコピクチャーズ HP
  12. ^ アロッタファジャイナ 過去公演リストより。
  13. ^ CoRich舞台芸術!より。
  14. ^ a b c d Air studio公式 アクアスタジオ東日本橋 過去公演リストより。
  15. ^ 演劇ユニットHINATA*SENSE HP
  16. ^ 大村正泰 誕生日公演。
  17. ^ 俳優座劇場スケジュールより。
  18. ^ シアター風姿花伝 公演案内
  19. ^ CoRich舞台芸術!より。
  20. ^ CoRich舞台芸術!より。
  21. ^ CoRich舞台芸術!より。
  22. ^ CoRich舞台芸術!より。
  23. ^ CoRich舞台芸術!より。
  24. ^ CoRich舞台芸術!より。
  25. ^ 豊田圭一の公式サイト (Radio)

外部リンク[編集]