備後八幡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
備後八幡駅
駅舎(2007年9月26日)
駅舎(2007年9月26日)
びんごやわた
Bingo-Yawata
東城 (6.5km)
(3.7km) 内名
所在地 広島県庄原市東城町菅295-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 P 芸備線
キロ程 25.3km(備中神代起点)
新見から31.7km
電報略号 ヒヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
0人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1935年昭和10年)6月15日
備考 無人駅
テンプレートを表示

備後八幡駅(びんごやわたえき)は、広島県庄原市東城町菅にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内(2007年9月26日)

備後落合方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅。以前は相対式ホーム2面2線を有する交換可能駅だったが、駅舎反対側のホームが廃止され、停留所構造となった。そのため、現在は上下線の全列車が同じホームから発着する。廃止されたホームの方には錆びた線路が本線から分断された状態で残っている。また、以前は駅事務室が存在していたが、撤去されて待合室部分のみとなっている。

新見駅管理の無人駅2012年4月27日までは簡易委託駅で、近くの菅簡易郵便局で200円区間の乗車券(常備券)のみを販売していた(200円区間は、東城駅小奴可駅である)。

駅の少し先には、トロッコの鉄橋の残骸が残っており、昔、帝国製鉄株式会社の原料の調達のために使用された。また、農協の米貯蔵庫も残っており、昔は貨物側線も存在していたらしく、駅構内の線路はその跡も見ることができる。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

一日平均の乗車人員は以下の通り。

その他[編集]

国道314号から 広島県道237号備後八幡停車場線に行く際の標識に「備後八幡駅」とあるが、なぜかローマ字表記は「Bingo-yahata station」となっている。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
P 芸備線[3]
快速・普通
東城駅 - 備後八幡駅 - 内名駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第2期庄原市生活交通ネットワーク再編計画 (PDF)”. 庄原市 (2016年3月). 2016年10月12日閲覧。
  2. ^ JR西日本全域路線図 (PDF)”. JRおでかけネット. 2016年4月21日閲覧。 (PDF)
  3. ^ 本項ではJR西日本公式サイトの全域路線図[2]に従い路線記号・ラインカラーを表記しているが、実際の駅構内の主だった旅客案内には、2016年3月のダイヤ改正の段階では反映されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]