粟屋駅 (芸備鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
粟屋停留場
あわや
Awaya
志和地 (4.8km)
(2.9km) 三次
所在地 広島県高田郡粟屋村
(現:三次市粟屋町
所属事業者 芸備鉄道
所属路線 芸備鉄道線
キロ程 63.7km(東広島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1916年大正5年)4月15日
廃止年月日 1922年(大正11年)6月7日
テンプレートを表示

粟屋駅(あわやえき)は、かつて広島県高田郡粟屋村(現在の三次市粟屋町)にあった、当時の芸備鉄道(現在のJR芸備線)の1922年大正11年)6月7日廃駅となった。

駅構造[編集]

線路の西側(三次方面に向かって左側)に単式ホーム1面1線を有する地上駅であったと思われる。

駅周辺[編集]

当駅は当時の粟屋村内で唯一の駅であった。ただし、粟屋の中心地は当時の三次駅(現在の西三次駅)からほど近い場所にあり、当駅や後に開業した三江線粟屋駅(2018年に廃止)は粟屋の中心地からは数km離れている。

歴史[編集]

駅跡[編集]

ホーム・駅舎の遺構と思しき盛土が存在する。当駅は芸備線内ではもっとも初期に廃止された駅であるが、後に開業し廃止された駅がガソリンカー専用の「飛び乗り駅」と呼ばれる簡素な駅だったこともあり、芸備線(広島・三次間)の廃駅の中ではもっとも明瞭に遺構が残っている。

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道停留場設置」『官報』1916年4月20日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「地方鉄道停留場廃止」『官報』1922年6月9日(国立国会図書館デジタル化資料)