下長田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
下長田駅
しもながた
Shimo-Nagata
向原 (3.4km)
(2.5km) 井原市
所在地 広島県高田郡向原町大字長田
(現:安芸高田市向原町長田)
所属事業者 鉄道省
所属路線 芸備線
キロ程 119.5km(備中神代起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1930年昭和5年)4月25日
廃止年月日 1941年(昭和16年)8月10日
備考 ガソリンカー専用駅
テンプレートを表示

下長田駅(しもながたえき)は、かつて広島県高田郡向原町大字長田(現在の安芸高田市向原町長田)にあった、鉄道省芸備線1941年昭和16年)8月10日に営業休止となった。

概要[編集]

芸備鉄道では、1929年昭和4年)よりガソリンカーを導入し、ガソリンカー専用の簡素な「飛び乗り駅」を設置するなどして旅客の確保に努めていた。当駅は、そのような中で設置された「飛び乗り駅」のひとつである。

歴史[編集]

  • 1930年昭和5年)4月25日 - 芸備鉄道の井原市駅 - 向原駅間にガソリンカー専用の長田停留場が開業。
  • 1937年(昭和12年)7月1日 - 芸備鉄道買収により国有化。停留場から駅に変更になり、下長田駅となる。
  • 1941年(昭和16年)8月10日 - 戦時統制によるガソリンカー廃止により、他のガソリンカー専用駅とともに休止。

駅跡[編集]

元々簡素な駅だったこともあり、駅の存在を偲ばせるものはない。